Vivoのオールスクリーンスマートフォンはカメラが飛び出し方式で6月にデビュー

次の記事

紛失防止タグのMAMORIO、シール型の「FUDA(フューダ)」を6月1日に発売

今やオールスクリーンのスマートフォンはひとつの必然性である。だから現時点の疑問は、出るか/出ないかから、どこのどれが市場に一番乗りするか、にシフトしている。G7のローンチのときLGの連中は、ノッチはあと二年ぐらいは人生の現実であると言っていたが、最近の各メーカーの動向を見ると、もっと早いようだ。

2月のMWCで、VivoのApexハンドセットは単なるコンセプトのように思えたが、最近のリーク画像/映像を見ると違うようだ。 そのビデオは、はね上げ方式の自撮りカメラをデモしているし、スケジュールは6月12日の上海のイベントを告げている。そのハンドセットは、いちばん控えめに言っても、かつてのコンセプト機の親(ちか)しい親戚のようだ。

2月のプレスリリースは、コンセプトを詳しく述べている。

このように: “ユーザーの習性をサポートし続けるという約束に基づいて、Apexには8Mpの飛び出し型フロントカメラがある。このカメラは0.8秒で素早く上昇し、使用が終われば引っ込む。内部に接近センサーと周辺光センサーがあるため、従来のフロントカメラのようにスペースを奪わず、しかも同じ自撮り体験をユーザーに提供する”。

しかしVivoは、自分こそ答を見つけたと自負している企業の一つにすぎない。2月に会ったDoogeeは、ノッチを回避したプロトタイプをいくつか見せてくれたが、その中にも飛び出し型があったし、スライド式カメラのもあった。

そして、Lenovo Z5を忘れてはいけない。それは同社のVPが今月初めにソーシャルメディアで見せてくれた。ただし、写真ではなくてスケッチだった。でも、全体的に今感じるのは、たくさんの企業が、“最初に考えたのはうち”と言い張っていることだ。

でもたぶん来月には、Vivoがいよいよ本物を見せてくれるかもしれない。

参考記事

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa