Google PayがSuica、WAONに対応。今夏以降にはウォレットアプリ「Kyash」での店頭支払いも

次の記事

1.5万施設が登録する民泊管理ツール提供のmatsuri technologies、数億円を調達

eng-logo-2015Googleは5月24日、同社のモバイル決済サービス「Google Pay」において、SuicaとWAONが利用可能になったと発表しました。これまでに対応していた楽天Edy、nanacoとあわせ、4つの電子マネーサービスに対応となります。

Android端末上ではすでに「おサイフケータイ」がありますが、各電子マネーに対応したアプリをインストールする必要があるおサイフケータイと違い、Google Payでは1つのアプリ内で各電子マネーサービスを利用できるのが大きな違いです。

また、Google Payに登録しているクレジットカードを使い、アプリ内で各電子マネーにチャージを行うことも可能。対応したアプリ・WEBサイトでは、Googleアカウントに紐づけたクレジットカードでオンライン決済も行えます。

なお、モバイルSuicaで利用できる特急券の購入などはGoogle Pay上からは行えませんが、購入したデータはGoogle Pay上でも確認できるとのことです。

このほか、今夏以降には、Kyash、JACCS、JCBの発行するクレジットカード、プリペイドカード、デビットカードを使い店舗支払いも可能になるとしています。

ただし、日本国内でGoogle Payの電子マネーサービスを利用できるのは、おサイフケータイに対応したAndroid 5.0以降の端末のみ。残念ながら、おサイフケータイに非対応の端末では利用できません。

複数のアプリを使い分ける必要がなく、オンライン決済で利用できるのは強みですが、おサイフケータイとの明確な違いが見えてこないのも事実です。

これからGoogle Payなりの独自性を発揮してくるのか、このままおサイフケータイと共存することになるのか、今後の対応にも注目したいところです。

Engadget 日本版からの転載。