ご用心! Echoが勝手に会話を録音して知人に送信した――Amazonから説明あり

次の記事

Netflixは時価総額でComcastを超えた――絶好調という噂一覧

オレゴン州ポートランドの一家がKIROニュースで語ったところによれば、一家のAmazon Echoがプライベートな会話を録音し、登録されていた連絡相手に勝手に送信していたという。 Amazonでは「きわめてまれなケース」だとした(Amazonからのさらに詳しい説明を下にエンベッドしてある)。

ポートランド在住の女性、Danielleは夫の会社の社員から「Alexaのプラグを今すぐ抜いた方がいい。ハックされているかもしれない」という電話を受けた。電話してきた社員はAlexaから夫妻が木のフローリングについて会話している録音を受け取ったという。夫妻は事実そういう会話をしていた。

女性はなんとかAmazonの担当者を捕まえることに成功し、問題を報告した。Amazonのエンジニアが問題のAlexaのログをチェックすると報告のとおりの事態が起きていたと判明した。Amazonは声明を発表し、「問題を精査した結果、きわめてまれなケースだと結論した。われわれは将来同様の事態が再発することを防ぐために対策を準備している」と述べた。

いったい何が起きたのか? 私の推測ではEchoデバイスの音声認識システムが何かを聞き違え、会話を録音するよう命じられたと解釈したのだろう。さらに続けて録音したノートないしメッセージをある宛先に向けて送信するよう命じられたという聞き違いが起きたに違いない。しかもこうした一連の動作をユーザーに報告しなかったことになる。

この家庭には複数のAlexaデバイスがあったという。そこでAlaxaは間違ったデバイスで命令の確認を試みたかもしれない。Alexaは「私はスティーブにメッセージを送りました」とリビングのEchoデバイスに発声させたが、スティーブはそのときキッチンに移動していた。…なにかそんなことが起きていたかもしれない。

もちろんAlexaが勝手に会話の録音を知人に送信するなどとは誰も予期していなかったはずだが、EchoAlexaは電源が入っているかぎりいつも聞き耳をたてており、会話を録音してデータをインターネットにアップし続けていることが確認されたのは重要なポイントだろう。Alexaはますます賢くなっている。つまり「会話を録音して知人に送る」程度ではすまない被害をもたらす可能性があるということだ。

アップデート:私はAmazonに何が起きたのかもっと詳細な情報を明かすよう要請した。するとこの稿を公開した後、Amazonは以下のような説明を行った。内容はおおむね私の推測に近かった。

バックグラウンドにAlexaに似た発声があってEchoが起動されたものと思われる。Echoは会話の続きをメッセージ送信の命令と解釈した。Alexaは十分な音量で「誰に?」と尋ねた。その後の背景の会話の一部がAlexaに登録された連絡相手の名前と解釈され、Alexaは「[人名]ですね?」と確認の発声をしたが、それに続く背景の会話を「はい」の意味に取った。ミスがこのように連続することはきわめてまれなケースと考えられるが、われわわれはこうしたミスが再発する可能性をさらに下げるための方策を検討中だ。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+