mix.com
Garrett Camp

さようなら、StumbleUpon

次の記事

Vivoのオールスクリーンスマートフォンはカメラが飛び出し方式で6月にデビュー

消えゆくことにはなったが、なかなか頑張ったと言えるのではないだろうか。何の話かといえば、StumbleUponのことだ。2002年にスタートしたコンテンツ発見ツールのStumbleUponが、6月30日をもってサービスを終了することとなった。共同ファウンダーのGarrett Campが投稿したMedium記事によれば、これまでに4000万の人が利用して、600億のコンテンツリンク(stumble)を集めていたとのこと。

StumbleUponは、その最盛期には膨大な数のトラフィックを招くためのツールとなっていた。大きな特徴は、そのシンプルさにあったといって良いだろう。利用者は、ワンクリックで新しいコンテンツと出会うことができたのだ。しかしCampによれば、オンライン環境が変化していく中で、ウリであったはずのシンプルさがむしろマイナスに作用した面もあるとのこと。

StumbleUponは、2007年にeBayによって買収された(買収額は7500万ドルといわれている)。しかしこの買収は成果をあげることができなかった。2013年には大規模レイオフを行うこととなり、そこから株価も低迷することとなった。

「StumbleUpon登場時に比較すれば、インターネット利用者はほぼ10倍の規模となっています。スマートフォンが広まり、ソーシャルメディアが必携ツールとして成長する中、私たちのサービスにも変化が訪れました。コンテンツを自ら提供したり、あるいはシェアするためのプラットフォームは次々に増えていきました。そんな中でStumbleUponは、膨大なコンテンツの中から見るべき情報を選び出すためのツールとして成長したのでした。StumbleUponが提供したシンプルさとセレンディピティの魅力は、たしかに多くの人に訴えることができたと思っています」。

こうした教訓(およびStumbleUponの利用者)は、Campが新たに立ち上げたMix.comに受け継がれることとなるのだろう。StumbleUponは、6月30日までの間に、Mix.comへの移行を促していく構えだ。

原文へ

(翻訳:Maeda, H