cybercrime

Yahooから30億のメールアカウントを盗んだハッカーが5年の懲役と全資産没収

次の記事

Facebook、番組宣伝ボットと間違えて個人のMessengerアカウントを公開

11月に罪を認めたカナダ人ハッカーKarim Baratov(23歳)は、Yahooをハックして最大30億のアカウントを露出した罪の、少なくとも一部に関して有罪が確定し、刑期5年の懲役刑が下(くだ)された。司法省によるとBaratovは、ロシアの諜報機関FSBの二人のエージェントの指示により、それらのアカウントを漏洩した。

二人の職員、Dmitry DokuchaevとIgor Sushchinは、同じくYahooハックに関わったラトビア人のハッカーAlexsey Belanと共にロシアに居住する。その居住地からして、これら三名が関与に関して罪を問われることはないと思われるが、Baratovのカナダ国籍は、彼を訴追可能にした。

司法省によるBaratovの刑の宣告(要約)には、こう書かれている: “この共謀罪におけるBaratovの役割は、FSBで働いていた彼の共謀者にとって関心のある個人のWebメールのアカウントをハックし、それらのアカウントのパスワードを金と引き換えにDokuchaevに渡すことだった”。

カリフォルニア北部地区担当の連邦代理検事Alex G. Tseが、外国政府の不正行為に加担しようとする未来のハッカーに対して、厳しい警告を発している:

“今回の量刑は、人に雇われてハッキング行為をすることの重大な犯罪性を反映している。Baratovのようなハッカーは、彼を雇って金を払う人びとの犯罪目的を考慮することなく、自分の仕事に専心する。これらのハッカーは軽犯罪者ではなく、犯罪者が個人情報を不法に入手して悪用するために使用する、重要な道具である。Baratovに対する5年の懲役刑は、国民国家がスポンサーとなるサイバー攻撃に参加するハッカーに向けて、その重大な結果を知らしめるために法廷が送る、明確なメッセージである。”

Baratovは5年の実刑に加えて、彼の保有資産225万ドルの全額を罰金として支払わなければならない。彼は陳述の中で、2010年から逮捕の2017年までに11000件のメールアカウントをハックしたことを認めた。

Baratovの罪にはほかに、加重的個人情報窃盗と、コンピューター詐欺と悪用法に違反する共謀罪が含まれている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa