ニュース
再生可能エネルギー / クリーンエネルギー(用語)

Samsungが再生可能エネルギー採用の推進を発表

次の記事

E3 2018を個人的に振り返る

Samsungは、米国、ヨーロッパ、そして中国にあるすべての工場とオフィスに、再生可能エネルギーを100%使用すると発表した。Samsungが、再生可能エネルギーに対する取り組みを公に宣言したのはこれが初めてである。

グリーンピースと環境保護活動家たちが、Samsungに対して、多くのハイテク企業は既に再生可能エネルギーへの転換を開始していると何ヶ月もの間呼びかけていた。

Samsungは、自社の建物、工場、そして事務所など、自分自身でより簡単に管理できる部分から取り組み始めている。グリーンピースのプレスリリースによれば、その38の建物のうち17の建物が米国、ヨーロッパ、そして中国に置かれている。

Samsung Electronicsは、再生可能エネルギー目標を設定したアジア最初のエレクトロニクス製造会社です。この宣言は、同社の巨大なグローバル製造規模を削減するために、大きな影響を与える可能性があり、排出削減と再生可能エネルギーへの移行を加速する上で、重要な企業参加であることを示しています。より多くの企業がこの先例に従い、再生エネルギー目標を設定すべきです。そして政府機関も、企業が再生可能エネルギーをより容易に入手できるようにするための政策を推進する必要があります」とプレスリリースの中で語るのは、グリーンピースの広報担当であるInsung Leeである。

一夜にして全てが変わるわけではないが、これらの建物は2020年までに再生可能エネルギーで稼動する予定だ。Samsungは、他の国で再生可能エネルギーの利用を増やすことができると述べている。それに加えて、Samsungは韓国の京畿道にソーラーパネルを設置する予定である。

多くのハイテク企業と同様に、Samsungは数千のサプライヤーと協力している。そのため、自分の施設に再生可能エネルギーを使うだけでは不十分だ。Samsungはこの問題にも徐々に取り組み、Carbon Disclosure ProjectのSupply Chain Programにも参加する。

まずは、サプライヤー上位100社のエネルギー需要を把握し、再生可能エネルギーへの移行を支援したいと考えている。これは多年にわたるプロジェクトであり、Samsungの進捗状況を定期的に把握することが重要である。

しかし、世界最大のコンシューマーエレクトロニクス会社の一つが、力強い宣言を出すのを見ることは良いことだ。

[原文へ]
(翻訳:sako)

画像クレジット: Bloomberg