Disrupt SF(9/5-9/7)でバイオテク投資家の話を聞こう――ローラ・デミングらが登場する

次の記事

ポケモンGOでついにトレードできるようになった――フレンドにギフトも贈れる

9月5日から7日にかけてTechCrunch Disrupt SFがサンフランシスコで開催される。すでにカレンダーにチェックはお済みだろうか? 今年のDisrupt SFは過去の例にくらべてスペースも予想来場者数もセッションの数も2倍以上の規模だ。われわれはあらゆるエマージング・テクノロジーをカバーする予定だ。これにはスーパー・ホットなバイオテク分野も含まれる。

Startup Alleyにはバイオテク分野のスタートアップのためのセクションが設けられ(バイオテクのファウンダーも無料のTC Top Picks に選ばれる資格がある。また参加パッケージを購入すれば、3名分のファウンダー・パスが得られDisrupt SFのすべてのセッションに参加できる。申し込みはこちら)。

Disrupt SFではバイオテク分野のトップ投資家の講演が予定されており、重要なトレンドやこの分野のビジネスの見通しについて貴重な意見が聞ける。ベンチャー投資家がどのようなバイオテク・スタートアップへの投資を狙っているのか知るために絶好のチャンスだ。

Laura Deming:総額2600万ドルのLongevity Fundのファウンダー、パートナー。このベンチャー・キャピタルは老化防止のためのバイオテクに特化している。Demingは14歳でMIT(マサチューセッツ工科大学)に入学を許された。その後ピーター・ティールからの10万ドルのベンチャー資金、Thiel Fellowshipを受けてMITをドロップアウトし、ベンチャー・キャピタルをスタートした。 Demingは「近い将来、老化という現象はなくなる」と信じている。これまでのところ、DemingはUnity BiotechnologyPrecision BiosciencesMetacrineNavitorAlexo Therapeuticsなどに投資している。

Nina Kjellson:Canaan Partnersのジェネラル・パートナー。 Kjellsonは主として新分野の開拓を目指すバイオファーマとデジタルヘルス企業に投資している。またBlueprint Health、Springboard Life Sciencesのメンターを務め、Essential Access HealthとOliver Wyman Health Innovation Centerの理事でもある。 スタンフォード大学でヒト生物学を専攻して修士号を取得している。最近の投資先にはAnnum HealthDauntlessPACT Pharma Tizona TherapeuticsVineti.などが含まれる。

Arvind Gupta:総額1500万ドルのアーリーステージ・ベンチャーキャピタル、SOSVのジェネラル・パートナー。 これまでにサンフランシスコに本拠を置くバイオテク・インキュベーター、IndieBioを創立している。IndieBioは「10億人に影響を与えるか企業価値が10億ドルになる会社」の育成を目指している。Arvindはカリフォルニア大学バークレー校で遺伝子工学を専攻し修士号を得ている。投資先にはMemphis Meats、Synthex、Medel.AI、Catalogなどがある。

これ以外にもバイオテクとヘルス分野には多数のプログラムが用意される。23andMeのファウンダー、アン・ウォジスキーが講演することはすでに発表したとおりだ。

申し込みはこちらから

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦@Facebook Google+