Emergencyi
911

Apple、iOS 12でiPhoneの位置情報を緊急センターに通知(米国のみ)

次の記事

GoogleはAndroidユーザー向けにWeb上のMessagesを提供

今日(米国時間6/18)午前Appleは、iOS 12の新機能を発表し、米国ユーザーがiPhoneで911通報した際、自動的に位置情報が初期対応者に送られるようになる。この動きは携帯電話から緊急電話をかけたときの問題に対処するものであり、旧来のシステムでは携帯電話の発信者の位置情報を迅速正確に取得することが困難だった。

911呼び出しの約80%が携帯電話からであることから、システムの改善は急務である。

2015年にAppleは、GPSおよびWi-Fiアクセスポイントを利用して発信者の位置情報を推定するHELO(Hybridized Emergency Location)と呼ばれるシステムを提供した。本日のAppleの発表によると、同社はさらにRapidSOSのインターネットプロトコルベースのデータパイプラインを利用して、このHELO位置情報を911センターに安全に送信することで、応答時間の短縮を目指している。

RapidSOSの技術は、多くの911センターにインストール済みのソフトウェアに統合される。

またAppleは、FCC(連邦通信委員会)は携帯通信業者に対して、2021年までに発信者の80%の位置を50メートル以内の精度で特定することを要求していることを指摘した。現在同社の位置情報サービスの精度はこの要求を満たしており、今後911センターは同じ精度のデータをアクセス可能になる。

いつものAppleらしく、同社は新機能のデータプライバシーを強調した。ユーザーの位置データは緊急目的以外に共有することは不可能であり、911センターのみが通話中に位置情報を利用できる。

この911対応は、今月行われたAppleのソフトウェア中心のカンファレンスであるWWDCのキーノートでは発表されなかった。そこでは、プライバシー、セキュリティーやAI利用など今年iOS 12に導入される数々の機能が紹介された。例年通りであればiOS 12は9月に一般公開される。

「社会は緊急時に911センターを頼りにしており、そこでは利用可能な最高の技術を利用できるべきだとわれわれは信じている」とApple CEOのTim Cookが新機能発表の声明で言った。「一瞬一瞬が重要な場面で、これらのツールは顧客がいちばん助けを必要としているときに初期対応者が手を差し伸べるのに役立つだろう」

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook