Marriott

Amazon、ホテル向けAlexaシステムの提供開始

次の記事

モバイルのプライバシーで頑張るKeepsafeが守秘機能を強調したブラウザーをリリース

Alexaがホテルの客室にやってくる。Amazonは今朝、Alexa for Hospitalityと呼ぶ新プログラムを発表した。ホテルチェーンやバケーションレンタルなどあらゆるタイプの宿泊施設向けに音声アシスタントを提供するというものだ。このシステムは、チェックアウト時刻やプールのオープン時間といった宿泊施設の主な情報が含まれるようにカスタマイズできる。また、宿泊客は部屋の清掃やルームサービスなどをリクエストをすることも可能だ。もちろん、空調を調整したりブラインドを開けたりといった“スマート”ホテル客室機能を操作できるように設定することもできる。

この新プラットフォーム展開にあたり、AmazonはMarriottと提携する。この提携は、かなりの規模の投入となるだけでなく、MarriottがこれまでSiriとAlexaの両方のデバイスをテストしてきたという点を鑑みても大きな意味を持つ。

Amazonによると、Marriottインターナショナルはグループ傘下のMarriott Hoteles、Westin Hotels & Resorts、St. Regis Hotels & Resorts、Aloft Hotels、Autograph Collection Hotelsの中からセレクトした施設で今夏このAlexa新サービスを導入する。

また、このシステムは招待制ながら他のホテル運営者へも今日からオープンとなった。

Alexa for Hospitalityは、そのホテル向けにカスタマイズされたEchoを客室に設置して提供される。現在利用できるデバイスはAmazon Echo Dot、Echo、Echo Plusだ。

Echoを介して宿泊客は、フィットネスセンターの場所や、プールのオープン時間、その他一般的なことを尋ねることができる。加えて、ルームサービスやフロントデスクへの問い合わせ、清掃、スパといったことについてもAlexaに聞くことが可能だ。

Amazonいわく、このシステムはホテルですでに採用されているDigValet、Intelity、Nuvola、Volaraといったテックと協働する。これにより、宿泊客は「Alexa、ワインを注文して」「Alexa、スパの予約を入れて」と話しかけることができ、こうした依頼はサービス運営や、POSシステム、リクエストシステムに反映される。

Amazonの宣伝ビデオで、宿泊客がEchoを使ってホテルの部屋から自宅の子供に電話をかけているように、Alexaは電話としても部分的に利用できる。

ホテルがしようと思えば、照明やブラインド、サーモスタット、そしてテレビまでコントロールできる“スマートホーム”などの機能もカスタマイズできる。

中でも、World Cinema、GuestTekといった客室用エンターテイメントプロバイダーとも連携し、テレビを音声で操作できるようになるのも大きい。また、Crestronや、HoneywellのInncomなどを使った接続機器のコントロールもできるようになる、としている。

加えて、ホテルのブランドに合うようなミュージックステーションが流れるように設定されているiHeartRadioやTunelnを使って音楽やラジオを流すこともできる(近隣の部屋への迷惑とならないよう、ホテル側で音量調整が可能だ)。

ワークアウトや、空港での待ち時間、瞑想、ホワイトノイズなど、ホテルが独自に提携するサードパーティのアプリーMarriottはTEDと提携ーも使えるようになる。TEDが提供されるMarriottのホテルでは、客は心温まるようなTEDトークを、あるいはクリエイティビティに富むものを、またはリーダーシップについてのものをというふうにAlexaにお願いできる。

しかし、Alexa for Hospitalityは部屋に置くEchoだけを指しているわけではない。ホテル側が各種情報をアップデートしたり何か新しい機能を持たせたり、設定調整したり、使用状況を追跡したりできるダッシュボードを介してEchoを設定できる一連のツールを指す。

Amazonによると、デバイスは数分で設定できるように設計されていて、もしオフラインになったら管理者にすぐに通知がいくようになっている。

またホテル管理側が、分析やレポートを通して宿泊客がどれくらい使用したかを測定することもできるようになっている。

サービス開始時は利用できないが、このプラットフォームでは将来、宿泊客が滞在中、一時的に自分のAmazonアカウントに接続し、客室内のEchoを個人仕様にすることができるようになる。

これは、おそらくこのプラットフォームで一番注目すべき機能だろう。

ホテルというのは、これまでどこもやっていなかったようなゲストサービスを提供するためのテクノロジーを取り入れることで客にアピールできる。たとえば、客が楽しむためのホテル情報を搭載したAndroidタブレット。あるいは、そばにスマホを置いて暗い中で眠れるように抜くこともあるファンシーなクロックラジオなどだ。

ホテルの部屋で使うAlexaを、“あなたの”Alexaに変えることで、宿泊客はAmazon MusicやSpotify、Pandoraなどに入っている好みの音楽、またAudibleのオーディオブックを聴くことができる、とAmazonは話す。

普段からAlexaを利用している人はこのAmazonのバーチャルアシスタントの利便性を知っていて、正直なところ、これによりホテル側は宿泊客の増加を期待できる。Alexaユーザーなら、旅行時にAlexaがないということを忘れてAlexa、と話しかけたことがあるだろう。

しかし今後はホテルにAlexaがいる。

Amazonによると、現在バケーションレンタルのRedAwning、Thompson Hotels、Joie de Vivre、Destination Hotels、AlilaといったTwo Roads Hospitalityのブティックライフスタイル施設でもこの新プラットフォームをテストする方向で作業を進めているという。

このシステム導入費用が果たしていくらなのか、デバイス購入で大量注文割引などはあるのか、Amazonはふせている。

「Marriottは客へのサービスの一環としてイノベーションに取り組み続けてきた。Alexa for Hospitalityを初めて導入する施設であることに興奮している」とMarriottインターナショナルの顧客満足担当副社長Jennifer Hsiehはサービス開始のプレスリリースでこう述べている。

「私たちの顧客の多くが、自宅で音声テクノロジーを使用していて、その利便性を旅先でも提供したい。Alexa for Hospitalityを利用できる初の施設はCharlotte Marriott City CenterとMarriott Irvine Spectrumになる。宿泊客からのフィードバックや使用状況をみて、私たちのホテルでAlexaを通じてどういった機能やサービスが展開できるのかを検討することになる」ともコメントしている。

MarriottはAlexa for Hospitalityを今夏、全米10の施設で導入するとしている。ここには、同社が新サービスを真っ先に導入するノースカロライナのCharlotte Marriott City Center、カリフォルニアのMarriott Irvine Spectrumも含まれる。その他の8施設はWestin Hotels & Resorts、St. Regis Hotels & Resorts、Aloft Hotels、Autograph Collection Hotelsブランドとなる。

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi)