Microsoftが強化学習のスタートアップBonsaiを買収して自律型システムの研究開発を推進

次の記事

テクノロジーで水産養殖の課題解決へ、ウミトロンが9.2億円を調達——IoTでエサやりを最適化

もしも、すべてのテクノロジー大企業が現時点で合意しているたったひとつのことがあるとするなら、それは、人工知能と機械学習が彼らの事業が今後進むべき道を指し示している、ということだ。いや、実際にMicrosoftは、バークリーのAIスタートアップBonsaiを買収しようとしている。大きなM社はこの小さなB社を、同社のAIへの取り組みの中心に据えるようだ。

Bonsaiは、強化学習(reinforcement learning)が専門だ。それは主にシミュレーションの分野で、一種の試行錯誤のようなやり方でシステムを教育する。この学習方法は、自律的なシステムを、特定のタスクが完全にできるまで訓練するために利用できる。Microsoftによると、この買収によって、同社がこれまでAzureのクラウドプラットホームでやっていた研究を、前進させることができる。

Microsoftの企業担当VP Gurdeep Pallが、発表声明の中で言っている: “AIを誰でも便利に利用できるようにするためには、開発の障害を取り除き、すべてのデベロッパーに力をつけ、機械学習のエキスパートでなくてもAIデベロッパーになることが重要だ。Bonsaiはそのために大きな進歩を成し遂げており、Microsoftはこの仕事をさらに前進させることに積極的に関わっていく”。

Microsoftは、この4歳のスタートアップを支援してきた複数の高名な企業のうちの一社だ。Crunchbaseによると、昨年はABB, Samsung, Siemensなどの助力で760万ドルのラウンドを調達し、総調達額が1360万ドルに達した。今回の買収事案は、Microsoftが最近演じた、コードホスティングツールGitHubの派手な買収劇別記事)に続くものだ。

Bonsaiの協同ファウンダー/CEO Mark Hammondは、ブログ記事でこう述べている: “私たちの前方には、インテリジェントで自律的なシステムを動かす人工知能を作って運用するために必要なツールと技術で、世界中の企業とデベロッパーに力をつけていく、大きな機会が開けている。そう感じるのは、私達だけではない。今日は、MicrosoftがBonsaiを買収して、この共通のビジョンの実現の加速に力を貸すことに、私たちは大いに勇気づけられている”。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa