iPhone向け「+メッセージ」が公開——3キャリア共通のチャットアプリ

次の記事

AdobeのProject Rushは誰でもプロ並みの作品を作れるオールインワンのビデオエディターだ

写真はAndroid版のもの

eng-logo-2015これまでAndroid限定だった「+メッセージ」が、本日(6月21日)からiOSでも利用できるようになりました。

本日(6月21日)よりApp Storeからダウンロードが可能。また、本日以降にiPhoneを購入した場合、端末内にある「+メッセージ」のショートカットアイコンをタップすることで、アプリをインストールすることができます。

「+メッセージ」は、電話番号だけで画像・動画・スタンプ等をやりとりできるサービスです。携帯3キャリア間のユーザーであれば、文字数を気にすることなく、携帯電話番号宛にチャット形式でメッセージや写真、動画などを送受信できます。

また、LINEのような既読機能、専用スタンプやグループチャット、音声メッセージ、位置情報、添付ファイルの送受信(最大100MB)にも対応します。

従来からあるSMSの場合、やりとりできるのは全角70文字のテキストと絵文字に限られていました。「+メッセージ」はSMSの拡張版という位置づけで、GSMAで世界的に標準化されているRCS(Rich Communication Services)にも準拠しています。利用料金はパケット通信料だけなのも利点です。

なお、格安SIM(MVNO)やサブブランド(UQmobileやワイモバイル)には現時点で非対応。格安SIMを排除する意図はないといい、MVNO事業者からの要望を聞きながら、オープンに対応を検討する方針です。

関連:
速報:LINE対抗のチャットアプリ「+メッセージ」、3キャリアが5月9日配信
3キャリア共通メッセージアプリ「+メッセージ」を使ってみての率直な感想

Engadget 日本版からの転載。