supreme court
Policy

米最高裁、携帯電話記録の犯罪捜査への利用を令状必須に

次の記事

FacebookのMessenger Kids、米国外にも展開。「思いやり」機能を追加

今日(米国時間6/24)午前、米国最高裁判所は、警察が携帯電話記録から個人を追跡する際、裁判官の許可を必要とする決定を下した。5対4で決定した裁定は米国のプライバシー擁護派の勝利とされている。

この決定は、2011年にFBI捜査員がRadio ShackとT-Mobileの店舗に押し入ったミシガン州在住の容疑者を捕らえるために、3ヶ月分の通話記録を使用したことに端を発する。容疑者の弁護人は依頼人が敗訴した後、令状がないので証拠は却下されるべきだと主張した。

判決文を書いた裁判長のJohn Robertsは、この場を利用して裁定の限定性を強調した。「政府は大多数の捜査において召喚状を用いて記録を入手できる。令状が必要なのは第三者の保有する記録について容疑者が正当なプライバシー権利を有する稀な場合に限定される」

Roberts裁判長は、他の4人のよりリベラルな裁判官とともに、生死に関わる状況においてはそのような記録を令状なしで利用する可能性については検討が必要だと言った。

「すなわち、警察当局が緊急事態に直面した際、そのような事実に基づく脅威は令状を伴わない位置情報の利用を正当化する可能性が高い」と彼は書いた。「たとえば、下級裁判所は、爆弾脅迫、銃撃事件、児童誘拐などに関わる無令状捜査を承認している。本日の裁定はそのような状況での位置情報の無令状使用に疑念を挟むものではない。警察は日常的犯罪捜査のために位置情報を利用する場合には令状を取得すべきだが、この裁定が、緊急事態に対応する能力を限定するものではない」

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook