カシオ会長、樫尾和雄氏が89歳で死去

次の記事

ソフトバンクのロボット、PepperがニューヨークのHSBC銀行に就職

Casio会長兼CEOの樫尾和雄氏が2018年6月19日に死去した。死因は肺炎だった。

樫尾氏は、1957年にCasio Computer[カシオ計算機株式会社]を創立した4兄弟の三男。同社最初の製品となる全電動式14-A計算機は、1972年に電卓をメインストリームへと押し上げたCasio Miniの製品化につながった。

Casio最大の栄誉となる製品は樫尾氏自身のアイデアだった。1980年代にクォーツ腕時計を見た同氏は、繊細で壊れやすいと感じた。しかし、ちょっとした外部保護と内部の耐衝撃システムによって、過酷な環境に耐えられる腕時計を作ることに成功した。1983年に発売された最初のG-Shockは真に頑丈な腕時計への道を開き、昨年8月同社は1億台目のG-Shock販売を祝った。

Kazuo Kashio1947年、樫尾製作所はあるユニークな製品とともに設立された。タバコを根本ぎりぎりまで吸うためのホルダーだ。1970年代になると樫尾ファミリーは電子式計算機に参入して最初のポータブル・ポケット電卓を市場に送り出すとともに、超人気の液晶腕時計F-91WやPDAのCassiopeiaを発売した。同社は世界初の液晶デジタルカメラ、QV-10や人気のキーボード楽器、Casiotoneも生み出した。

遺族である息子の樫尾和宏氏は現在カシオの社長を務めている。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook