LINE トラベル

LINEが旅行の比較検索・予約サービス「LINEトラベル」を公開

次の記事

ランサーズ、フリーランスが会社機能を持てる新サービスーー第1弾は月額480円で法律・会計相談

2017年に開催されたカンファレンスで、「LINE」が全てのショッピングの入り口となる「LINE Commerce gateway」というコンセプトのもと、「LINEショッピング」と「LINEデリマ」を発表していたLINE。

あれからから約1年がたった本日、LINE Commerce gatewayに新たなサービスが加わるようだ。LINEは6月28日に開催しているLINE CONFERENCE 2018にて、旅行の比較検索・予約ができる新サービス「LINEトラベル」を発表した。

LINEトラベルは行き先や人数、日程などを入力することで、人気旅行サイトから最安のプランや自分にあったツアーを探せるサービス。外部アプリの追加インストルーは不要で、LINE上から直接LINEトラベルへアクセスできるのが特徴。たとえば友達とLINEでトークをしている間に旅行の話がでたら、そのまますぐに宿泊施設を探すといったことが可能だ。

現時点でカバーしているのはホテルの比較のみで、10月から航空券、12月からツアーの比較にも対応する予定。連携する旅行サイトも年内には250を超える計画だという。

またLINEトラベルでは既存のサービスでは分断されがちだった「旅マエ」「旅ナカ」「旅アト」の体験をシームレスにつなぐことを目指す。

同サービスのLINE公式アカウントからオススメの旅行情報や旅番組と連動したスポット情報を配信。LINE上で航空チケットや旅先のホテルの検索や比較をし、最もお得な旅行プランを立て、旅行の思い出シェアまでもできるサービスを構想しているようだ(2018年秋頃を目処に実装予定とのこと)。

午前中には「CASH」を運営するバンクが新たに立ち上げた旅行サービス「TRAVEL Now」を紹介したばかりだけど、この領域でもまだまだ新しいサービスが立ち上がっていくのだろう。

なおLINEトラベルでは2019年度の流通総額1000億円を目標に、引き続き機能改善やコンテンツの拡充を行っていくという。