Gentoo LinuxのGitHubリポジトリにハッカーが侵入、無傷なコードをバックアップから復元

次の記事

Apple、マップの完全リニューアルを準備中――編集長が読者の質問に答える

セキュリティ企業Sophosの研究者たちによると、人気のLinuxディストリビューションGentooが“完全にやられて”、現在そこにあるコードはどれも信頼できない、という。そして彼らは直後にアップデートをポストし、コードはすべて無事だった、と述べた。ただし彼らはGitHubのリポジトリをpullし、彼らが完全無欠なコードのフレッシュコピーをアップロードするまでは現状を維持する、と言っている。

Gentooの管理者たちは、次のように書いている: “本日6月28日のほぼ20:20 UTCに、未知の個人〔複数形〕がGitHub Gentooのコントロールを取得し、リポジトリのコンテンツと、そこにあるページを改変した。被害の範囲を目下調査中であり、コード編成とリポジトリのコントロールを取り戻すべく、努力している。現時点では、github上でホストされているすべてのコードが侵害された、と見なすべきである。ただし、Gentoo自身のインフラストラクチャの上でホストされているコードには、被害が及んでいない。そしてGithubはそのミラーにすぎないので、gentoo.orgからrsyncまたはwebrsyncするかぎり、何も問題はない”。

Gentooのアドミンたちがコードの自分たち用のコピーを保存しているので、回復不可能なまでに破壊されたコードは存在しない。Gentooによると、被害を受けたコードにはマルウェアやバグが潜んでいる可能性があるので、復旧するまではGitHubバージョンは避けるように、ということだ。

“Gentoo Infrastructureのチームが侵入箇所を同定し、悪用されたアカウントをロックした”、とアドミンたちは書いている。“GentooのコードとMuslおよびsystemdは、GitHubの三つのリポジトリにある。これらのリポジトリのすべてが、既知の良好な状態へリセットされた”、という。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa