Captiv8が、インフルエンサーデータベースを無料で公開

次の記事

南インドの手料理をインスタント化したButtermilkがY Combinatorの支援下で好調

おそらく読者は、Captiv8のようなインフルエンサーマーケティングスタートアップの主なセールスポイントは、マーケティング担当者たちが一緒に仕事をするインフルエンサーとクリエイターを探す手伝いをすることだ、と想像しているだろう。おそらくそれは正しい想像だが、Captiv8はそのクリエイター検索プロダクトを思い切って無償化することにした。

「私たちは本当にエコシステムをオープンなものにしたいと感じたのです、このことでブランドは、無償でインフルエンサーたちを検索し調査することが可能になります」、と私に語ったのは共同創業者のKrishna Subramanianだ。

無料プロダクトを通して、マーケティング担当者たちはプラットフォーム上でインデックスされた100万人以上のインフルエンサーたちを、見て回ることができる。そうしたプロフィールは完全に公開データだけで構成されている場合もあるが、インフルエンサーたちはその内容に注文を付けたり、データを追加したりすることもできる。

そしてマーケティング担当者たちは、パーソナリティ、コンテンツタイプ、作業場所、表現などのフィルタを使って検索を行うことができる。これに加えてCaptiv8は、各インフルエンサーのフォロワーたちの、集団属性(デモグラフィック)とブランドに対する嗜好データも提供する。

これまでは、Captive8のようなサービスを有償で利用しない限り、インフルエンサーを見つけるためには、様々なカテゴリーにおけるトップインフルエンサーたちに関する記事を読むといった、散発的でその場しのぎの手段をとるしかなかった、とSubramanianは語る。

Captiv8 Creator Discovery

これに対して、Captiv8上では、マーケティング担当者たちは、クリエイターを発見するために、おそらく1日あたり2時間ほどを費やすだけで良い。これはこれまで必要だった時間の60%ほどが節約できていることになる。

ではなぜ無料で利用できるのだろうか?Dr Pepper、Snapple、StubHub、そしてHondaなどのブランドが、既にCaptiv8を使用しているが、Subrapananianはその目的は「間口を広げる」ことにあるという、このことによって、世のマーケティング担当者たちがまずインフルエンサーについて調べに行く場所になりたいということだ。

そしてもちろん、同社はこのことでCaptiv8の提供する「エンドツーエンドのSaaSプラットフォーム」の売り込みへと顧客を誘導することができる。このプラットフォームは、追加のオーディエンスデータだけでなく、キャンペーンマネジメント、効果測定、そしてソーシャルモニタリングなどのツールを有償で提供するものだ。

[原文へ]
(翻訳:sako)