ハードウェア
NETGEAR(企業)
arlo

Netgearのセキュリティカメラ部門Arloがスピンオフして早くもIPOを申請

次の記事

この夏のDIYプロジェクトはAIが落書きを作りだすカメラがいいかも(コードはオープンソースだ)

NetgearArlo事業部は、このネットワーキング企業にとって意外なヒットだった。その一連のカメラは市場にとって比較的新しかったが、でもコネクテッドセキュリティの分野を完全に支配し、同社に新しい活力をもたらした。

2月にNetgearは、取締役会の全会一致でArloをスピンオフし、IPOの計画も発表した。そして今週同社は、そのためのS-1書類をSECに提出した。このセキュリティカメラ企業はさらに、ニューヨーク証券取引所に「ARLO」というティッカーシンボルを申請した。準備万端だ。

発表されたプレスリリースによると、株数とか値域は未定となっている。しかし今年の初めには、普通株の20%弱を発行し、残りは会社が保有するとほのめかしていた。いずれにしても、すべてSECの承認待ちである。

同社によると「今回の株式公募における主幹事会社は、BofA Merrill Lynch、Deutsche Bank Securities、そしてGuggenheim Securitiesである。Raymond James, Cowen、およびImperial Capitalが共同幹事会社となる」。

Arlo部門は、Netgearにとって大成功だった。Ring、Nest、Canaryといった強敵のいる、混みあった市場なのに健闘した。同部門は2016年から2017年にかけて売上が倍増した。それは市場が成熟して、コネクテッドホームデバイスの本格的な普及が始まっているからだ。

[原文へ]

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa