少量のデータから特徴を抽出する独自AI開発、ハカルスが1.7億円を調達

次の記事

数秒審査、翌月払いの決済サービス「Paidy」が伊藤忠らから約60億円を調達——対面決済サービスも予定

AIソリューションの開発を手掛けるハカルスは7月12日、エッセンシャルファーマ、大原薬品工業、キャピタルメディカ・ベンチャーズ、みやこキャピタル、メディフューチャーを引受先とした第三者割当増資により、総額1.7億円を調達したことを明らかにした。

同社は2014年の設立。過去にトータルで1億円を調達していて、今回のラウンドを含めると累計調達額は2.7億円となる。

前回の調達時にも紹介している通り、ハカルスはもともとヘルスケア分野のAIベンチャーとしてスタート。少量のデータからでも傾向や特徴を抽出できる「スパースモデリング」技術を機械学習に応用した、独自AIを開発している。

これによって一般的なディープラーニング技術が抱える「膨大な学習データが必要」「AIの意思決定の過程が人間には解釈できずブラックボックス化している」「大規模な計算資源が必要」などの課題を解決することを目指しているという。

ハカルスでは同社の技術をこれまで産業や医療分野に展開。たとえばドローンで空撮した建物の画像から補修が必要な箇所を特定するようなシーンで利用実績がある。

3月には医療・ヘルスケア分野での利用に特化した開発パッケージ「HACARUS Fit Platform」 を発表しているが、今回の調達資金は医療分野の課題解決を行うソリューションの開発体制をさらに強化するのが目的。

株主となった大原薬品やエッセンシャルファーマ、メディフューチャーとは共同で医療機関と医療従事者に向けた包括的なAIソリューションの開発、AIによる診断・治療支援の事業化などに取り組むという。

なお同社はTechCrunch Tokyo 2016スタートアップバトルのファイナリストのうちの1社だ