comic

米国コミック、印刷本の減少で売り上げダウン

次の記事

ニューバージョンのGorilla Glass 6はスマホを15回落としても壊れない

コミック本とグラフィックノベルの売り上げは、過去最高だった2016年の10億1500万ドルから、2017年は6.5%減少した。グラフィックノベルが5.7億ドル、コミック本は3.5億ドルだった。

Comichronに掲載されたレポートによると、流通経路別ではコミックストアが今も最大の収入源で、デジタルダウンロードは9000万ドルだった。

「成長の年が続いたあと、2017年コミックショップ市場は再び落ち込んだ。新たな雑誌が低調だった結果グラフィックノベルの売り上げも伸び悩んだ」と、ComichronのJohn Jackson Millerは書いている。「2017年第3四半期は最悪の対前年比減少を記録したが、その後の2018年春は好調に転じた。」

今や出版界では見慣れたパターンだが、子供向けコミックとグラフィックノベルが市場を支えた。同じことは書籍市場でも定期的に起きていて、児童書が活発に売れる一方で、大人はソフトカバーやハードカバーを捨てデジタルダウンロードに走る。紙のコミック本は今もあきらかに人気が高く、デジタルダウンロードは定期購読販売を上回るペースだが、印刷本に比べるとまだごくわずかだ。

なぜかComichronは売上をコミックとグラフィックノベルとデジタルダウンロードに分類しているが、デジタル売り上げを本の種類別に比較できたら面白いだろう。ともあれ、消費モデルがデバイスへと移行するにつれ、メディアが変わっていく様子は興味津々だ。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook