アップル、水没iPhone・Macなど無償修理 豪雨被災者が対象

次の記事

金融情報分析AI開発のゼノデータラボがダウ・ジョーンズと提携、企業の業績予測サービス開発へ

eng-logo-2015アップルは、「西日本豪雨」(平成30年7月豪雨)被災者を対象に、特別修理サービスを提供すると発表しました。

豪雨で直接的な被害を受けた製品に関して、無償の配送修理サービスを提供するとのこと。

対象製品は、同豪雨で直接的な被害をうけ、かつ修理可能なMac、iPhone、Apple Watch、iPad、iPod、およびApple製のディスプレイ。アクセサリ類やBeatsなどは対象外となります。

対象となるユーザーは、同豪雨による災害救助法の適用地域に居住している一般消費者のユーザー。販売店や業者、個人消費者以外は対象外となります。災害救助法の適用市町村については内閣府のページから確認できます。

受付期間は2018年9月末まで。なお、地域によっては集荷・配送サービスが一時停止しているとして、集荷・配送に通常より時間を要する場合があるとしています。

Engadget 日本版からの転載。