ソフトバンクとヤフー、今秋にスマホ決済サービス「PayPay」開始へ

次の記事

Google初のスマートディスプレーがついに登場

ソフトバンクとヤフーの合弁会社PayPay(ペイペイ)は7月27日、2018年秋よりバーコードやQRコードを使って決済ができるスマホ決済サービス「PayPay」を開始することを明らかにした。

同サービスを提供するにあたって、ソフトバンク・ビジョン・ファンドの出資先であるインドの決済サービス事業者Paytm(ペイティーエム)と連携。すでに3億人以上のユーザーと800万店の加盟店にサービスを提供している同社のテクノロジーも活用しながら、新たなスマホ決済サービスを構築していく方針だ。

ソフトバンクとヤフーでは日本国内でキャッシュレス決済の普及を促進することを目的に、2018年6月に合弁でPay株式会社を設立(7月より現在のPayPayへと社名を変えている)。利用者と加盟店の双方に利便性の高いサービスの実現に向けて動き出していた。

リリースを予定しているPayPayではユーザーがアプリを使って店舗のレジ付近などに提示してあるQRコードを読み取る方式(ユーザー読み取り方式)と、バーコードやQRコードを提示して店舗のレジでスキャンしてもらう方式(店舗読み取り方式)の2つの手段を提供する予定。支払方法はクレジットカードと電子マネーから選択できるという。

ヤフーは6月より「Yahoo!ウォレット」の新機能としてスマホ決済サービスを提供していたが、こちらについては今後提供を終了(時期は未定)。PayPayとYahoo! JAPAN IDを連携させ、「Yahoo! JAPAN」アプリからPayPayの機能を利用できるようにする計画だ。

またPayPayでは加盟店獲得の施策として店舗側が負担する決済手数料を開始から3年間無料とするほか、店舗にユーザーを集客するための施策を実施予定とのこと。ソフトバンクや口座数が4000万件を超えるYahoo!ウォレットの顧客基盤、営業ノウハウなども用いながら「スマホ決済におけるユーザー数ナンバーワン、加盟店数ナンバーワンのサービス」を目指していく。