xenoFlash
xenoBrain

金融情報分析AI開発のゼノデータラボがダウ・ジョーンズと提携、企業の業績予測サービス開発へ

次の記事

CAやDeNAらが「シブヤ・ビットバレー」プロジェクト開始、渋谷をIT分野の世界的技術拠点へ

金融情報分析AI開発のゼノデータラボは7月27日、ウォール・ストリート・ジャーナルなどで知られるダウ・ジョーンズと業務提携し、将来予測AIの開発、営業を開始したと発表した。

開発中の新しいプロダクトはSaaS型のWebサービス、「xenoBrain(ゼノブレイン)」。これはダウ・ジョーンズ社の持つ過去10年以上分のグローバルニュースデータに、ゼノデータラボの保有する自然言語処理技術を応用することで、ニュース記事に含まれる過去の経済事象の連関から企業の利益影響を自動で分析し、企業の業績予測を行うAIだ。β版はこの秋にリリースされる予定だという。

同社には「xenoFlash(ゼノフラッシュ)」というサービスがある。これは高度な自然言語処理を用いたAIを使って決算発表資料の全自然文データを解析し、財務数値の背景となる文章を自動で解析、解説文を出力するものだ。

今回のxenoBrainは何が違うのか。代表取締役社長の関洋二郎氏は「xenoFlashがなぜ増益だったのか、なぜ減益だったのか、という過去の分析に焦点を当てているのに対し、新サービスでは将来どうなっていくのか、今後増益なのかというところを解析する」のだと説明した。

「我々の自然言語処理は現在、決算短信だけだが、これからはニュースを含めて自然言語処理対象にし、分析を広げていく」(関氏)

xenoBrain上では左側にニュースが流れ、好きなニュースをクリックすると、「ニュースがどの企業のどの会計科目にどうインパクトを及ぼしうるのか」というところを、理由や背景なども含めて自動で解析する。

xenoBrainのイメージ画像

今後ゼノデータラボの株主でもある三菱UFJ銀行でxenoBrainの実証実験をする予定。三菱UFJ銀行の法人取引の部門に同サービスを展開し、上場企業の分析業務効率化に役立て、企業分析シーンにおける早期の実用化を目指すのだという。また、同サービスの最初期ユーザーとしてレオス・キャピタルワークスの先行利用が決定している。

「(ターゲットユーザーは)毎日のニュースから株式ポートフォリオの影響を分析するファンドマネージャー、担当顧客に対してより付加価値のある提案を模索する大企業営業やコンサルタント、より説得力のある提案で個別銘柄の取引を活性化させたい証券営業担当」(関氏)

関氏はxenoBrainで「風が吹けば桶屋が儲かるをビジュアライズ化した」と語っていた。