AppleのOSのベータ版を使う人は400万人にも及ぶ

次の記事

人の声から感情を解析するAI開発のEmpathが総額3億2000万円を資金調達

過去数年間にわたり、Appleはバグに敢えて立ち向かいたい人たちのために、そのオペレーティングシステムのリリース前バージョンを提供してきた。ベータソフトウェアプログラムを通じて、ムラのあるバッテリー寿命やクラッシュその他の問題に立ち向かいたい者は誰でも、プレリリースビルド版のiOS、macOS、watchOS、tvOSを読み込むことができる。

いったいどれくらいの人が実際にそれを利用しているか考えたことがあるだろうか?

今朝の業績報告会議におけるティム・クックからの報告によれば、現在400万人以上がベータ版を利用しているということだ。

残念ながら、彼が話した詳細はそこまでだ。彼はどのプラットフォームに最もベータユーザーがいるのかは明かさなかったし(おそらくiOSとmacOSが多いとは想像されるが)、そのベータグループの何パーセントが消費者(単に新しいものを早めに触りたい人)ではなく、開発者(アップデート前にアプリをデバッグするためにベータ版にアクセスする人)なのかにも言及しなかった。

ご参考までに:2018年2月現在Appleが相手にしているのは、Apple TV、iPhone、iPod Touch、iPad、Apple WatchそしてMacに至る13億台のアクティブな機器だ。なのでティム・クックが言及した400万人が、それぞれベータ版OSを1台のデバイスで実行しているとすると、0.3パーセントのアクティブな機器がベータ版で稼働していることになる。

割合で考えるとそれほど大きなものとは思えないが、400万人もの人びとが、正式出荷前に喜んでソフトウェアのストレステストに参加してくれるというのは、他の企業がほとんど望むことのできない稀な強みだ。それでも、Appleはあからさまなバグのいくつかを取りこぼして出荷してしまってる ―― 厄介だがすぐに忘れられてしまうiOSの”i”が他の文字に化けてしまうようなバグや、より深刻なセキュリティ問題である昨年末にmacOSで発見されたルートユーザーバグまで。 リリース前のバグハンティングを奨励するために、Appleはさらなる努力を行うだろうか?

[原文へ]
(翻訳:sako)