trulia

Trulia、引越し先のご近所情報をクラウドソーシングで提供するツールを開発

次の記事

売れ残り食品の再販マーケットを提供するKarma、1200万ドルを調達

オンライン不動産サイトを運営するTrulia(かつてのライバルであったZillowに買収されている)が、引越し予定の場所に関するさまざまな情報を提供してくれるサービスを立ち上げた。情報提供に利用するのはNeighborhoodsというサービスで、周囲のトピックスや安全情報に加え、これまでも利用していたWhat Locals Sayというツールを使って集められた住民の意見や、Truliaスタッフが集めるデータや写真(ドローンによる撮影なども行う)が閲覧できるようになっている。

現在のところ、サンフランシスコ、オークランド、サンノゼ、オースチン、およびシカゴエリアにおける300箇所の情報を提供している。2018年中に、さらに1100箇所の情報を追加していきたい考えだそうだ。情報はTruliaのモバイルアプリケーションおよびウェブにて提供されている。ただしウェブ版の使い方はややわかりにくく、情報の一覧性も低いようだ。触ってみたところではうまく使いこなせなかった。しかしモバイルアプリケーションはなるほどよくできている感じだった。提供される情報のリンクをシェアできるようになったりすれば、さらに便利に使えるようになるのだろう。

  1. Trulia-Neighborhoods_-Home-Page

  2. Trulia-Neighborhoods_-Explore-the-Area

  3. Trulia-Neighborhoods_-What-Locals-Say

引越し先の情報が欲しいというのは、間違いなく多くの人が感じていることだろう。Truliaによれば、家を購入する際には、家自体のみならず近隣の情報も重視するという人が85%にのぼるのだそうだ。実際に家を買うとなれば、自分の目で確かめてみたいという人の方が多いかもしれない。しかしNeighborhoodsのようなツールを使えば、自分の好みにあうのかどうかを簡単にチェックしていくことができる。もちろんTruliaは通勤時間や、犯罪発生率などの情報ももっていて、それらとあわせて候補地を見ていくことで、効率的に引越し先を決めることができるかもしれない。

「Trulia Neighborhoodを使えば、引越し先にどのような生活が待っているのかを簡単に知ることができるのです」と、シニアバイスプレジデント兼ゼネラル・マネージャーのTim Correiaは言う。「家を買おうとする人にとってはこうした情報の入手が非常に重要であり、皆さんそれぞれに大きな苦労をなさっています。大きなニーズがある中、情報をよりわかりやすく、かつ簡単に提供するのはとても重要なことであると考えます。それにより、家を買おうとする人に大きなメリットを感じてもらえるようになると思うのです」。

原文へ

(翻訳:Maeda, H