密かにユーザーの位置追跡を続けている件についてGoogleが説明文を更新

次の記事

Tesla、時価総額で今週80億ドルを失う――責任は取締役会にもある

4日前(米国時間8/13)には、位置履歴追跡が無効にされてもユーザーの追跡を続けていると認めたGoogleが、Webサイトを更新して、位置に関する同社のポリシーを詳細に説明した。

その、Googleアカウントのヘルプページにはこうある: “この設定は、Google Location ServicesやFind My Deviceなど、そのほかの位置サービスに影響を与えない。また、検索やMapsなどのサービスで、あなたのアクティビティの一部として何らかの位置データが保存されることもありえる。Google AccountでLocation Historyを無効にすると、そのGoogle Accountに結びついているすべてのデバイスでそれは無効になる。”

この更新は、今週初めの記事で追跡問題を初めて報じたAssociated Pressが再び報じた。Googleは最初、同社自身の不正確な報告を否定したが、その後否定を取り消し、説明をより明確にした、と述べた。

同社は今週初めに、次のように述べた,

Location Historyは全面的にオプトインのGoogleプロダクトであり、ユーザーはいつでもそれを編集、削除、無効化等にできる。その記事が言っているように、ユーザーがこのプロダクトを無効にしたときには、Googleで検索をしたり、運転の方向を知るためにGoogleを使用したときなどには、Google体験を改良するために位置の利用を続ける、とユーザーに確実に知らせている。

Googleは追跡を続けることへの理解を求めるために、言葉遣いを改めた、と言っている。同社はAPにこう語っている: “Location Historyを説明する言葉に関し、弊社のプラットホーム全体やヘルプセンターとの整合性および明確性の実現に努めた”。

もちろん、ヘルプページの言葉を直すことは、追跡の継続という問題への対応とは無関係だ。しかもそれは、同社のユーザー位置追跡ポリシーを完全に明らかにしていない。しかも率直に言って、ヘルプページでその情報を見ようとするユーザーは、ほとんどいないだろう。消費者の信頼を維持するためには、問題に関する透明性がまだまだ必要だ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa