TechCrunch Tokyoのお得な「学割チケット」発売中!学生さんにこそ来てほしい

次の記事

米住宅・都市開発省、Facebook広告を公正住宅法違反で告発

TechCrunch Tokyo 2017に登壇したSlack共同創業者のCal Henderson氏

日本のスタートアップにもっと活躍してほしい。僕たちTechCrunch Japan編集部は日々そう願いながら記事を書いている。だからこそ、今年も11月15日(木)と16日(金)に渋谷ヒカリエで開催する「TechCrunch Tokyo」には起業家志望の学生やスタートアップに関心のある学生にもたくさん参加してほしい。今日はそんな学生たち向けに現在発売中の「学割チケット」についてお知らせしたい。

一般チケットは4万円(税込)だが、学割チケットは5000円だ。限定100枚となっているので興味のある学生は早めに申し込んでほしい。

TechCrunch Tokyoではスタートアップたちによるピッチバトル「スタートアップバトル」や展示ブース「スタートアップデモブース」を用意している。“スタートアップとは何か”を知るにはもってこいのイベントだと保証する。

また、国内外の著名ゲストによる講演も見逃せない。昨年は海外からSlack共同創業者のCal Henderson氏やWeWorkのChris Hill氏、国内ではマネーフォーワードの辻庸介氏ソラコムの玉川憲氏らに登壇していただいた。

学生にもスタートアップとはそもそも何か、どのように社会に影響を与えているのかを肌で感じてほしいと思い、学割チケットを用意した。

おっとそうだ、学割チケットをお買い求めの方は、当日受付にて学生証の提示が必要なので忘れずにお持ちいただきたい。

チケット購入はこちらから