和モダンの極致、Apple京都の内覧会に行ってきた!3階に日本初の秘密部屋あり

次の記事

GoogleのG SuiteアプリケーションやCalendarにGmailのようなサイドパネルがつく

applekyoto.png

Appleは8月25日、全国では10店舗目、移転のため閉店した札幌店を除くと9店舗目、関西では2004年に8月にオープンした大阪・心斎橋に続いて14年ぶりの2店舗目となる直営店、Apple京都をオープンする。場所は京都ゼロゲートで、JR京都駅から地下鉄烏丸線を乗り継いで四条駅で下車すれば徒歩5分ほどの場所にある。神戸・大阪方面からは阪急京都線の烏丸駅を降りてすぐだ。本日8月23日、プレス向けに内覧会が開催されたので、まずはその模様を写真でお届けしよう。

隣には関西では老舗のデパート大丸京都店がある、四条通りは京都屈指の繁華街の一角だ。京都ゼロゲートのビル自体も、日本の伝統的な「障子」をモチーフに 大判セラミックプリントガラスを用いた外装デザインとなっている。

AppleKyoto_22.jpg

Apple京都は、Apple直営店の最新の店舗デザインで設計されているほか、昨年から世界各地の直営に新たに導入された「タウンスクエア」のスタイルを取り入れているのが特徴だ。京都店では、アートとデザイン、写真とビデオ、プログラミングなどインスピレーションを届ける「Today at Apple」の 無料プログラムが毎日開催されるとのこと。

1Fは外から中がよく見える、Apple直営店おなじみの店舗デザイン。iPhoneやApple Watch、Macなどが展示されている。奥にはApple新宿と同様の巨大なディスプレーが設置されていた。手前にはイスが数十脚置かれており、ここでワークショップなども開催されるようだ。

AppleKyoto_11AppleKyoto_17AppleKyoto_25AppleKyoto_35

米国本社にあるスティーブ・ジョブズシアターと同じ材質で作られている2階へ続く階段。29段あった。

AppleKyoto_26

丁寧すぎてすごくわかりづらいが、2Fの壁などは京都の左官職人による漆喰塗りになっている。言われないと気付かない達人レベル。
2Fの窓は障子をイメージしたデザインになっている。2Fでは、ワークショップが開催されるほか、iPhoneの契約などが可能だ。ジーニアスバーもある。

AppleKyoto_12

こちらはヘルスケア系のアクセサリーが展示されているエリア。AppleKyoto_13

おなじみのテーブルに手をかざすと現れるコンセントも完備。AppleKyoto_23

道路側の一角を占めるジーニアスバーエリア。この長机は日本ではApple京都にしかないそうだ。AppleKyoto_32

こちらはiPhoneの契約エリア。AppleKyoto_34

Apple京都には、階段ではたどり着けない3Fもある。ここにはBOARDROOMと呼ばれる秘密の部屋があり、Apple米国本社の会議室を同じ家具を使ったインテリアになっている。主に商談に使われるスペースで一般の人は入室できないとのこと。

AppleKyoto_14AppleKyoto_19AppleKyoto_07AppleKyoto_33AppleKyoto_16

8月25日のオープン当日には、記念Tシャツも配布される予定だ(なくなり次第終了)。Appleの記念Tシャツとしては珍しい白Tにワンポイントのロゴがデザインされたものになる。

Apple直営店部門では2018年に「今後、新コンセプトのストアを増やしていく中で、日本への再投資へも力を入れていく」と表明している。東京都内と噂されている、2018年にオープンするあと1店舗がどこになるのかも気になるところだ。

京都ゼロゲートの7Fには、東京・六本木発祥の焼き肉店・叙々苑が入っている点にも注目だ。意外にも京都初進出。叙々苑最高グレードの游玄亭で、全室個室対応となる。