アシモフの銀河帝国、Appleがいよいよドラマ化――『ファウンデーション』がシリーズになる

次の記事

鉢植え観葉植物専門のスタートアップThe Sillが500万ドルを調達

Appleはアイザック・アシモフのクラシックSFの傑作、『ファウンデーション――銀河帝国の興亡』シリーズの実写版を製作中だという。

Deadlineは今年に入ってAppleが映画化を企てていると報じた。しかしこれはHBOでウエストワールドを製作しているジョナサン・ノーランによる企画も含めて『ファウンデーション』の映画化を巡る多数の試みの一つだった。

しかしDeadlineの最新の記事によれば、Appleの『ファウンデーション』は現実のものとなるようだ。プロデューサーはデビッド・ゴイヤーとジョッシュ・フリードマンだ(ゴイヤーはノーランと並んで『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』の脚本を書いている)。一方フリードマンは『ターミネーター サラ・コナー・クロニクルズ』の生みの親だ。『ファウンデーション』シリーズの製作はSkydance Televisionで、アシモフの娘、ロビンも製作総指揮に加わる。

オリジナルの『ファウンデーション』は1940年代に雑誌に発表され、50年代に単行本にまとめられた。 しばらくの中断の後、アシモフは80年代にさらに続編を書いた。長く続いた銀河帝国の衰亡と、それを予見した少数の科学者が銀河の辺境に基地を建設して文明を崩壊から守ろうとする努力がシリーズのテーマだ。.

こういった要素はApple版の『スターウォーズ』を思わせるかもしれない。実はアシモフの『ファウンデーション』がジョージ・ルーカスの映画に強い影響を与えていた

しかし小説版の『ファウンデーション』はスペースオペラとはほど遠く、冒険活劇よりも込み入った陰謀や民主主義の本質を巡る政治的議論などに焦点が当てられている。全作品の舞台は数百年にもわたり、登場人物にも必ずしも一貫性がない。ドラマ化にあたってはゴイヤーとフリードマンはかなり思い切った脚色をする必要があるだろう。

『ファウンデーション』は私の愛読書であり、アシモフのファンだ。Appleは他にもスペースオペラのドラマ化を企画しているが(『バトルスター・ギャラクティカ』のロン・ムーアによるものもあるらしい)、私にとっては『ファウンデーション』プロジェクトが最高だ。ぜひ成功して欲しいと願っている。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+