予約
requpo

“検索がいらない”サロン予約アプリ「requpo」がVCやアイスタイルらから約2.3億円を調達

次の記事

月額500円からの家具レンタル「CLAS」リリース、家具を“持たずに利用する”選択肢広げる

ユーザーのリクエストに対して美容師から提案が届く、“検索不要”のサロン予約アプリ「requpo(リクポ)」。同サービスを提供するリクポは8月29日、環境エネルギー投資、アイスタイル、アドウェイズ、マネックスベンチャーズ、iSGSインベストメントワークス、SMBCベンチャーキャピタルを引受先とする第三者割当増資により、総額約2.3億円を調達したことを明らかにした。

requpoの特徴はユーザーが起点となり、面倒な検索なしでサロンを予約できる点だ。従来のように美容室側が用意したメニューやスケジュールに合わせてサロンを探すのではなく、ユーザーが登録したリクエストの内容に興味を持った美容師側からオファーをする。

前回の記事でも紹介した通り、この仕組みで2016年11月にビジネスモデル特許を取得した。

ユーザーはエリアやメニュー、希望金額、おねだり、日付、時間、髪型(任意)を登録しておけば、あとは美容師からのアプローチを待つだけ。1回のリクエストには最大で3人からアプローチが届くので、気に入ったものを選べばいい。

もちろんエリアによって違いはあるけれど、たとえば美容師が多い表参道エリアだと5分ほどで3つのオファーがくることも珍しくないそう。結果的に手間なくスピーディーに、自分の要望に合ったサロンを予約できることがユーザーにとってのメリットだ。

以前から提供していたiOS版に加えて2018年の1月にAndroid版をリリース。エリアも拡大し、1都3県の一部地域(東京、神奈川、埼玉、千葉)のほか愛知や大阪、福岡の各エリアでも対応を開始している(requpoでは美容師ユーザーの登録数が一定数に達したエリアごとに提供する仕組み)。

また前回調達した資金を活用してプロモーション面も強化。2017年9月には乃木坂46の伊藤万理華さん(現在は同グループを卒業)をPRキャラクターに起用してコラボCM動画を展開した。これらの取り組みの成果もあり、リクポ代表取締役CEOの木崎智之氏によると「1年前に比べると登録ユーザー数が約20倍、美容師数も約10倍に増えている」という。

ユーザー層に関しては18歳〜24歳の女性が最も多く半数近くを占め、25歳〜34歳の女性も加えると全体の70%ほどになるそう。また女性向けのブランディングをしてはいるものの男性でも利用でき、実際に男性のユーザーもいるようだ。

requpoの仕組みはリクエストにマッチした美容師からすぐにオファーが来るのであれば、確かに使い勝手がいいだろう。リクエストはスマホから数十秒〜数分程度でできるし、検索のわずらわしさもない。一方でリクエストをしても美容師からの反応が全くなければ、却って余計な手間とストレスがかかってしまう。

木崎氏の話では、まさにこのマッチング率をあげることに現在力を入れているそう。たとえば大きめのサロンからの要望が多かったという“店舗アカウント”(オーナーが髪を切っている最中でも、他のスタッフが代わりにオーナーの枠で予約を取れる機能)などを今後追加していく方針だ。

「requpoは美容師の空き時間をシェアリングエコノミー化しているような側面があるので、いかに美容師ユーザーにとって提案しやすいような設計を作れるかがマッチング率をあげるポイントにもなる。単に美容師の数を増やすというだけでなく、アプリ側の改善や機能開発を強化していく」(木崎氏)

今回調達した資金はこれに向けて主にエンジニアを中心とした人材採用と、プロモーション強化に用いる計画だ。

リクポは2015年12月の設立。これまでも2016年3月にTLMと複数のエンジェル投資家からシードマネーを、2016年12月にコロプラ、ベクトル、大和企業投資、エンジェル投資家から8000万円を調達している。

リクポのメンバー。最前列の中央が代表取締役CEOの木崎智之氏。