Appleの自動運転テスト車が最初の事故に遭ってやっと事業公表への第一歩?

次の記事

GoogleがMastercardとパートナーしてユーザーのオフラインの買い物を追跡する

カリフォルニア州自動車局に提出された報告書によると、Appleがこれまで秘(ひそ)かにやってきた自動運転車事業が、その最初の事故で明らかになった。

8月24日に起きたその低速事故は、同社にとって事業が一定の段階に達したことを示している……。残念ながら、めでたい事件ではなかったが。最近は多くの企業が公道で自動運転車をテストしているから、事故はありふれてきた。その多くが、ちょっとした低速事故だ。

2014年には、自動車局に報告された州内の自動運転車の事故は、Delphi社の1件のみだった。今年はすでに40件余りが報告されている。

自動運転車の最初の死亡事故は、歩行者にぶつかったUberの自動運転車だが、起きたのは今年の3月で、アリゾナ州だった。

Appleのテスト車は、カリフォルニア州クパチーノの本社近くで、時速約1マイル(1.6キロメートル)で高速道路に合流しようとしていた。報告書によるとそのとき、1台のNissan Leafに追突された。負傷者の報告はない。どちらも車の軽い損傷を報告している。

Appleは、同社の自動運転車事業に関して、一貫して無言だ。州内の自動運転車事業を管轄するカリフォルニア州自動車局の事業認可リストにAppleが載っていることが、Appleによるかろうじて唯一の、確認の痕跡でもある。Appleの自動運転車事業は、シリコンバレーの公然の秘密だ。しかし最近CEOのTim Cookが、自律的システムへの同社の関心に言及した。Bloombergのインタビューで、彼はそれが同社のすべてのAIプロジェクトの母胎だ、と言っている。しかしその”自律的システム”とその製品計画が何であるのか、それは明かされていない。

事故の報告書も、Appleのテスト車の形や車種がわかるだけだ。事故に遭った自動運転テスト車は、2016i Lexus RX450Hだった。それはGoogleが同社の自動運転システムのテストに使っていた車種と同じだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa