Samsung、Tileに対抗する忘れ物防止タグ発表――スマート・トラッカーはLTE-M対応

次の記事

Adobe Photoshopの‘コンテンツに応じた塗りつぶし’が性能アップ、おかしな失敗が減少

Samsungだけに、すでに普及しているTileと同程度の機能のスマートトラッカーでは満足しないようだ。同社の新製品は一見したたところではTileその他の忘れ物防止タグに似ているが、LTE対応も含めて可能なかぎりのスマート機能が盛り込まれている。

このトラッカーは位置判定にあたってGPSベースの他にIoTデバイス向けのLTE-M接続能力を備えている。バックパックや鍵など重要なアイテムに取り付けておいた場合、従来のBluetooth接続のトラッカーと比較してはるかに多様な状況に対応できる。つまり屋内や地下などGPS信号が届かない場所でも遠距離からのトラッキングが可能になる。

このデバイスはSamsungの既存のSmartThings(同社のIoT製品全体をカバーする商標だ)アプリに対応し、Android版とiOS版が利用できる。トラッキングはリアルタイムで更新される。またジオフェンス機能もあり、特定の区域に入ると接続する。スマートホームの場合、自動的にシステムに帰宅を告げることができる。またペットの首輪に装着しておくと設定した区域が出たことを教えてくれる。

このスマート・トラッカーは9月14日から出荷される。アメリカでは当面AT&T版が先行するが、Verizon版も年内に発表される予定だ。価格はさほど安くない。99ドルだが、料金には12ヶ月分のLTE-Mサービスの契約が付属している。無料期間終了後は月5ドルとなるので注意が必要だ。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+