GoogleのCloud Memorystore for Redisが一般公開、ミリ秒以下のレスポンスを約束

次の記事

1品注文OKで送料無料の生鮮食品EC「クックパッドマート」が本日スタート、まずは学芸大学駅周辺から

Googleは今日(米国時間9/19)、5か月の公開ベータを経たCloud Memorystore for Redisを一般公開した。それは、完全な管理を伴うインメモリのデータストアだ。

このサービスはRedisプロトコルに完全に準拠していて、インメモリのキャッシングを必要とするアプリケーションにミリ秒以下のレスポンスを約束する。そしてRedis準拠なので、デベロッパーは自分のアプリケーションをコードをどこも変えずにこのサービスへマイグレートできる。

Cloud Memorystoreには二つのサービスティアがある。シンプルなキャッシング用のベーシックと、高可用性のRedisインスタンスを必要とするユーザーのためのスタンダードだ。スタンダードではGoogleは、99.9%可用性のSLAを提供している。

最初にベータでローンチして以来Googleは、このサービスにできることを徐々に増やしてきた。たとえば今ではさまざまな性能数値をStackdriverで見ることができる。また、カスタムのIAMロールや、改良されたログ機能も加わった。

課金は時間と容量の従量制で、サービスのレベルや使用するキャパシティによって異なる。完全な料金表がここにある。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa