リンクアンドモチベーションが転職クチコミサイト「Vorkers」に22.5億円出資、持分法適用関連会社に

次の記事

ブロックチェーンでチケット転売防止、京大発スタートアップLCNEMの「Ticket Peer to Peer」

経営コンサルティング事業を展開するリンクアンドモチベーションは9月20日、就職・転職クチコミサイト「Vorkers(ヴォーカーズ)」を運営するヴォーカーズとの資本業務提携を締結したと発表した。今回の出資金額は22.5億円。ヴォーカーズにとって、これが初の外部調達となる。また、今回の出資によりヴォーカーズへの出資比率が20%となることから、ヴォーカーズはリンクアンドモチベーションの持分法適用関連会社となる。

Vorkersは、日本最大級の社員クチコミによる就職・転職者向け情報プラットフォームだ。社員クチコミによる評価スコア件数は約630万件、登録ユーザー数は約245万人、1日の新規登録ユーザー数は3000人にのぼる。

今回の業務提携は、Vorkersの新サービスである「Vorkersリクルーティング」に関わるもの。この新サービスは、Vorkersの登録ユーザーと採用したい企業とを直接マッチングするサービスだ。今回の業務提携のスタート段階では、リンクアンドモチベーションがVorkersリクルーティングの販売および運用の一部を担うという。

TechCrunch Japanは本日夕方、リンクアンドモチベーション取締役の麻野耕司氏、およびヴォーカーズ代表取締役社長の増井慎二郎氏にインタビューを実施する予定で、今回の資本業務提携の背景や、期待するシナジーについて聞く予定だ。