新Apple Watchの「炎」文字盤は実際の炎を撮影したもの

次の記事

モバイル決済のOrigami Payが総額66.6億円のシリーズC調達、銀聯とも提携

Apple Watch Series 4では、これまでよりも大きなディスプレイが採用された。角は丸くなりベゼルも薄くなった。そして新しくなったディスプレイをより魅力的なものとするため、新たに炎と水、、液体金属、および煙などをイメージした文字盤が導入されている。そしてこの新文字盤はCGによるものではなく、スタジオでの実写によるものなのだということだ。

こうしたイメージを小さなディスプレイに表現する場合、CGが用いられるのが一般的だ。しかしAppleは実際に撮影したものを利用することを選んだ。

Cool Huntingで、撮影の様子が公開されていた。ちょっとこれは一見に値する。

映像にあるように、火炎放射器を使ったり、大量に貯めた水の上で風船を破裂させたり、カラーパウダーを用いて爆発の様子を再現したり、液体金属を撹拌してその様子を撮影したりもしている。

これがつまり、Appleの文化ということなのだろう。楽な方法を選ばず、存分に予算を投入するという文化だ。

ついでといってはなんだが、新しいApple Watchを紹介するビデオも掲載しておこう。

原文へ

(翻訳:Maeda, H