ARM入りしたトレジャーデータ、共同創業者の芳川裕誠氏はTC Tokyoで何を語るのか?

次の記事

AmazonのEcho Inputは初めてのスピーカーのないEchoだ

A1O8H0568日本最大級のスタートアップ・テクノロジーの祭典「TechCrunch Tokyo」まで2カ月を切った。今年は11月15日(木)と16日(金)の2日間、東京・渋谷ヒカリエで開催される。現在「前売りチケット」(3万円)と、企業やまとめ買い向けの「団体チケット」(2万円)が発売中だ。団体チケットは5枚以上の一括購入が前提となるが、前売りチケットよりもオトクなのでぜひ購入を検討してほしい。

TC Tokyoに登壇するスピーカーも続々決まっている。今回はトレジャーデータ(Treasure Data)の共同創業者で、現ARM IoTサービスグループ データビジネス担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーの芳川裕誠氏を紹介したい。トレジャーデータといえば、ソフトバンクグループ傘下のコンピュータチップ設計企業ARMが、約6億ドル(約666億円)で買収した話題の企業。同社は米国に本拠を置くビッグデータ分析企業で、2011年に芳川氏ら3人の日本人がシリコンバレーにて立ち上げた。

同社では多種大量なデータを即時に収集・分析し、外部システムとの連携を実現するクラウドベースのデータ管理基盤を構築。スマートウォッチから自動車まで、グローバル企業を含む300社以上のデータマネジメントをサポートしてきた。現在同社のプラットフォームでは1秒あたり200万件ものイベントを処理し、1日あたり数十万のクエリと50兆件のレコードを処理しているという。

今回の買収により、ARMではデバイスからデータまでを一貫して管理できるIoTプラットフォームの実現を目指していく方針だ。具体的にはトレジャーデータと同じく最近買収したストリームテクノロジーズ(Stream Technologies)の持つ技術をIoTデバイス管理サービス「Arm Mbed Cloud」と融合。あらゆる規模のIoTデバイスおよびデータを、シームレスかつセキュアに接続し管理できるプラットフォーム「Arm Pelion IoT Platform」を提供する。なお芳川氏は、ARMのIoTサービスグループにおいてデータビジネス担当バイスプレジデント兼ジェネラルマネージャーも務めている。

e382b9e382afe383aae383bce383b3e382b7e383a7e38383e38388-2018-08-03-10-00-09芳川氏にはTC TokyoのFireside Chatで、日本人が異国の地で創業した理由や苦労したことなど、興味深い創業ストーリーを語っていだだく予定だ。また、近年あらゆる分野で重要度が増しているビッグデータ解析についてもじっくりと話を聞きたい。

チケット購入はこちらから