iPhone XS MaxはXSより劇的に売れている(MacRumors報道)

次の記事

街のおでかけメディアとSaaSでリアル店舗の集客課題解決へ、Patheeが三井物産らから6.5億円を調達

異彩のAppleアナリスト、Ming-Chi KuoによるAppleの初期データによると、iPhone XS Maxは、小さな兄弟分を圧倒する売れ行きを見せている。MacRumorsに載った記事でKuoは、この6.5インチ端末が発売直後の週末に、XSの3~4倍を売ったと報告している。

「われわれはXS Maxの需要が予想以上だった(XSの3~4倍)という確証を得た」とKuoは言った。「ゴールドとスペースグレーはシルバーより圧倒的に人気が高い。256GBが一番人気で、512GBは深刻な品薄状態であり、これは現在NAND Flashを安定供給できるのがSamsungのみだからだ。XS Maxの出荷台数は、アジア市場とギフトシーズンのおかげで2018年4Q中は安定成長を続けるだろう」

需要の大きさは決して驚きではない。何しろXSは、先行機種と比べて驚天動地の新製品ではない。一方Maxは、消費者は大きい電話など欲しがっていない、と言っていた会社としては、かなりの画面サイズ変更だ。

しかも、2つのモデルはスペック的にほぼ変わらず、大画面の価格差はわずか100ドルだ。すでに1000ドルの世界にいる人たちにとって、100ドルの違いなどどうでもよい。

記事はApple Watch Series 4の需要が予想以上であること、iPhone XRが売れ筋だろうとも書いている。後者
は何ら驚きではない。XRは、去年と変わらない端末に1000ドル払うつもりがない/払えない人たちにとって到達可能なアップグレードなのだから。

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook