15番目のメジャーリリース、macOS Mojaveが無償ダウンロード可能に

次の記事

Google Lensが画像検索にやってくる――自分が見ているのが何なのか即座に分かる

macosmojaveアップルは日本時間の9月25日早朝に、macOS(Mac OS X、OS X)の15番目のメジャーリリースとなるmacOS Mojaveをリリースした。macOS Mojaveは数字のバージョンで示すと10.14。macOSは、最初のバージョン10.0 Cheetahから9番目の10.8 Mountain Lionまではネコ科の大型動物、10番目の10.9 Mavericksから現在の10.14 Mojaveまでは米国カリフォルニア州の地名がコードネームや名称として使われている。

macOS Mojaveの対応機種は以下のとおりだ。MacBook Pro(mid 2012)など、6年前にリリースされた機種もサポートしている。

MacBook(2015)以降
MacBook Pro(mid 2012)以降
MacBook Air(mid 2012年)以降
Mac mini(late 2012)以降
iMac(late 2012)以降
iMac Pro(2017)以降
Mac Pro(late 2013)以降

主な新機能は、新UIのダークモード、デスクトップ上でのファイルのスタック表示、コンテクストメニューからPDF作成やマークアップが可能になるクイックアクション、ファイルを高速プレビューできるクイックルックでの編集機能の強化、スクリーンショット撮影後の編集機能、iPhoneカメラとの連動、グループFaceTime、「News」「株価」「ホーム」などのiOS由来のアプリの追加、Mac App StoreのUIの刷新など。

また、汎用の3D描画APIであるOpenGLが非推奨となり、アップル独自の3D描画APIであるMetalが標準となる。