Pixel 3、これが注目の新機能だ

次の記事

電子トレカでスポーツチームを支援できる「whooop!」が正式公開、7種目12チームから展開

Googleは火曜日(米国時間10/9)の大ハードウェアイベントでGoogle Home HubやGoogle Pixel Slateなどいくつもの新製品を発表した。しかし新しいスマートフォン、Pixel 3が本物のスターだった。

Pixel 3には2つのサイズがあり、価格は799ドルから。カラーは3種類で12.2メガピクセルの背面カメラとデュアル前面カメラを搭載している。中は新しいアプリと機能でいっぱいだ。今日から予約受付を開始して発売は10月18日から。

Pixel 3の新機能、改訂機能の目玉をいくつか紹介する。

コールスクリーン

コールスクリーンは、かかってきた電話をあなたの代わってGoogle Assistantが取ってくれる機能だ。ユーザーはコールスクリーンボタンをタップするだけで、あとは端末が電話に答えて誰が何の用事でかけてきたかを聞いてくれる。

会話の内容はテキスト化されてリアルタイムで表示されるので、ユーザーは電話に出るかテキストで返信するかを選ぶことができる。

コールスクリーンはPixel 3では発売と同時に、他のPixel端末では11月から利用できる。

Google call screen

セキュリティー

Pixel 3には、GoogleがTitan Mと呼んでいる新しいセキュリティーチップが搭載されている。このカスタムチップは、端末のパスワードとオペレーティングシステムの安全性を高めるために使用される。

スピーカー

前面に向けられたスピーカーは従来のPixel機よりも40%大きく豊かな音になった。

YouTube Music

Pixel 3には、YouTube Musicのストリーミングアプリが搭載され、6ヶ月間の無料購読がついてくる。

Googleレンズ

Googleレンズは、AI機能内蔵カメラだ。画像をキャプチャーし、AIアルゴリズムが認識する。「スタイル検索」は画像に写った商品を識別して、ネットでその商品を見つけるのに役立つ。

Googleレンズは、ランドマークや植物、動物なども識別し、イベントをカレンダーに追加する。カメラをテイクアウトメニューに向ければ、電話番号をハイライトする。

Google Lens

グループセルフィーカメラ

Pixel 3にはデュアル前面カメラがあり、ワイドな自撮り撮影ができる。
電源ボタンをダブルタップしてカメラを立ち上げ、手首を2回フリックすれば自撮りモードになる。あとは、ズームアウトしてグループセルフィーを撮るだけだ。

トップショット

この撮影機能は、HDRで複数の画像を撮影し、最高の1枚をリコメンドする。
たとえば、子供がバースデーケーキのローソクの火を吹き消すところを取ろうとしたことがあるだろう。これまでなら、写し損ないは写し損ないだった。トップショットは、シャッターを切る前後の瞬間をキャプチャーして自動的に最高の1枚を推薦する。

もしほかに気に入ったものがあれば、それも選ぶことができる。

Google Pixel 3 Top Shot

プレイグラウンド

プレイグラウンドは、写真やビデオにリアクション・キャラクター(犬や踊るステレオなど)やキャプション、動くスタンプなどを追加できる機能だ。文字同志あるいはユーザーと反応し合うPlaymojiを使って写真に「命を吹き込む」こともできる。

オプションにはMarvel Cinematic UniverseのIron Manなどのキャラクターもある。Googleはドナルド・グローヴァーとのコラボレーションでプレイグラウンドにチャイルディッシュ・ガンビーノも連れてくる計画だ。

Google Playground Childish Gambino

フォトブースモード

そう、これもカメラ機能だ。この機能は被写体が面白い顔をしたり笑ったりすると自動的にシャッターを切る。。

more Google Event 2018 coverage

[原文へ]

(翻訳:Nob Takahashi / facebook