Google CloudがCloud NAT、Firewall Rules Loggingなどネットワーキング機能を充実

次の記事

Gunosyがインドのオンラインレンタカー最大手「Zoomcar」に出資

今日(米国時間10/10)は、ロンドンでNextイベントを開催しているGoogle Cloudからのニュースで、忙しい日だった。このイベントで同社は、いくつかの新しいネットワーキング機能をローンチした。それらの中でも今日の主役はCloud NAT、これによりデベロッパーは、一般的に公開されるIPアドレスがなくて、企業の仮想プライベートクラウドの中にあるアプリケーションからのみアクセスできる、クラウドベースのサービスを容易に構築できる。

Googleも言うように、このようなセットアップは前から可能だったが、しかし容易ではなかった。でも、よくあるユースケースなのでGoogleは、Cloud NATにより、ネットワークアドレス翻訳(network address translation, NAT)のすべてを取り扱う完全に管理されたサービスを提供することになった。そしてCloud NATのゲートウェイの背後にあるプライベートなインスタンスへのアクセスを、デベロッパーに提供する。

Cloud NATはGoogle Compute Engineの仮想マシンと、Google Kubernetes Engineのコンテナをサポートし、デベロッパーが手作業でIPを指定できるマニュアルモードと、IPが自動的に割り当てられるオートマチックモードの両方を提供する。

今日は新たに、Firewall Rules Loggingがベータでリリースされた。アドミンはこの機能を利用してファイヤーウォールのルールの効果を監査し確認できる。たとえば、ファイヤーウォールがブロックする接続の試みが何度も繰り返されるときには、それらを分析して、誰かが良からぬことをしようとしているのか、それともファイヤーウォールの構成ミスかを判断できる。データの遅れは5秒程度なので、ほとんどリアルタイムに近い点検が可能だ。また、これをほかのサービス、Stackdriver Logging, Cloud Pub/Sub, BigQueryなどと統合してアラートやデータ分析もできる。

さらに今日の発表の中には、HTTPSロードバランサー用に証明を提供するマネージドTLSがある。これは、ロードバランサーを使っているときのTLS証明の管理に伴う煩雑さを解消することが目的で、これによりエンドユーザーのブラウザーがデベロッパーのアプリケーションに安全に接続できるようになる。この機能も、現在はベータだ。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa