Facebookの3000万ユーザーの個人情報が漏洩、Facebookならこれぐらいは‘軽微’!?

次の記事

イーロン・マスク:テスラブランドのテキーラTeslaquilla‘間もなく’

Facebookが、2週間前に公表したデータ漏洩事件詳細を発表した。最初に推計された5000万ではなく3000万のユーザーが、アクセス情報をハーカーに盗まれた。ご自分について確認したい方は、Facebook’s Help Centerへ行くとよろしい。被害を受けたユーザーにはFacebookが盗まれた情報の詳細を告知し、復旧方法を教える。アクセスはされたけれど、彼らにコピー〜ダウンロードされなかった情報もあると思われるが、その詳細は開示されていない。

Facebookのプロダクトマネージャー担当VP Guy Rosenが、記者たちにこう述べている: “この件に関しては目下FBIの捜査に協力している。FBIはわれわれに、捜査の間犯人に関する情報を明かさないよう求めている”。それは、犯人による証拠隠滅を防ぐためだ。

3000万のうち1500万は、名前、電話番号、そして場合によってはメールアドレスをアクセスされている。1400万はそれプラス、履歴書的情報…ユーザー名、性別、位置、言語、既婚・未婚、宗教、出生地、現住地(本人申請)、誕生日、Facebookにアクセスしているデバイスのタイプ、学歴、職業、最近訪れたサイト10箇所、フォローしている人またはPage、最近行った検索15件、などなど…にアクセスされた。残りの100万は、情報にアクセスされていない。

Facebookのその他のアプリ、Messenger, Messenger Kids, Instagram, WhatsApp, Workplace, Pages, それらに対する支払い決済情報、サードパーティアプリ、アドバタイザー、デベロッパー、などはアクセスされていない。Facebookによると、FBIの捜査中は犯人に関する証拠を明かさないことを、Facebookは法執行当局により求められている。

Facebookによると、ハッカーは、ユーザーのプロフィールを他人の観点から見るプライバシー機能“View As”の三つのバグの組み合わせを悪用した。それによって、そのアカウントの友だちにアクセスし、40万のアカウントのアクセス情報を盗んだ。そして別の方法を使って、彼らの友だち3000万の情報を握った。

多くのデータ漏洩と違って今回のは、最初に予想されたよりも軽微だった、とみなされている。ユーザーは、ログインの再行を求められたときちょっと戸惑ったが、今はこの事故のことを忘れているようだ、という。Q3の決算報告ではFacebookのユーザー数がやや減るおそれもあるが、盗まれたデータが実際に悪用されないかぎりは、Webの至るところで日々起きているエンドレスなサイバーセキュリティエラーのノイズの中で消えてしまうだろう。そのノイズの中には、FacebookのコンペティターGoogle+の閉鎖の遠因となったデータ遺漏事件も含まれている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa