トランプ大統領
データリーク

トランプ支持者のためのデートアプリケーションであるDonald Datersからユーザーデータがリーク

次の記事

三菱UFJ子会社、キャッシュカードレスなATM展示「1年内に展開」

“make America date again”(アメリカに再びデートを:トランプ大統領の”make America great again” のもじり)を宣伝文句として押し出した、新しいデートアプリのユーザーデータベースの全ての情報がリークした。それも開始日当日に。

“Donald Daters”と呼ばれるこのアプリは、「恋人同士、友人同士、そしてトランプ氏の支持者同士をつなぐ、アメリカの独身者コミュニティ」を目指しており、既にFox NewsDaily MailThe Hillから熱烈なレビューと紹介を受けている。

開始日当日だけでも、このアプリは1600人を少し上回るユーザーが登録していた。

私たちが問題の存在を知っている理由は、あるセキュリティ研究者が、ユーザーデータベース全体をダウンロード可能にしているこのアプリケーションの問題点を発見したからだ。

フランスのセキュリティ研究者であるElliot Aldersonが、そのデータベースをTechCrunchに見せたが、そこにはユーザーの名前、プロフィール写真、デバイスタイプ、プライベートメッセージ、そしてアカウントを乗っ取るために使えるアクセストークンが含まれていた(先日facebookからリークしたのもアクセストークンである)。

このデータは公開されアクセス可能な状態になっていたFirebaseデータベースから取り出し可能だった。なおこのデータベース名はアプリ内にハードコードされていた。TechCrunchがアプリメーカーに連絡したところ、データはすぐにオフラインとなった。

私たちはアプリの創設者で、上院議員Marco Rubio(共和党)の元補佐官である、Emily Morenoに連絡したが、彼女のコメントは得られていない。

アプリのウェブサイトによれば、「あなたの個人情報はすべてプライベートに保たれます」と書かれている。但しそれが守られない場合もあるというわけだ。

[原文へ]
(翻訳:sako)