Premiere Rush CCはパソコンでもモバイルでもビデオ編集可能――AdobeからYouTuber向けツール登場

次の記事

TwilioがメールのAPIを提供しているSendGridを$2Bで買収、オムニチャネルサービスの充実のためか

今年初頭、Adobeはマルチプラットフォームのビデオ編集プロダクトのプレビュー版をProject Rushとして発表した。今日(米国時間10/15)開幕したAdobe MaxカンファレンスではProjectが外れ、Premiere Rush CCとしてCreative Cloudの一員となったことが発表された

Rushの狙いは非常にストレートで、オールインワンの効率的なビデオ編集ツールの提供を目指している。これはパソコンであれモバイルであれ、あらゆるプラットフォームですばやくビデオを編集し、YouTubeなどのソーシャルメディアにアップしたいという現代のビデオ・クリエーターのニーズに合わせたプロダクトだ。実際、紹介ビデオを見るとYouTube世代がターゲットであることがよく分かる。

RushはAdobeのオーディオ、ビデオ編集ツールのコア部分を抽出し、モバイル、デスクトップの双方をサポートする単一ツールにまとめたプロダクトだ。たとえばモーション・グラフィックスにはテンプレートが用意されおり、文字や画像にアニメーション効果を加えることができる。これによりRushのユーザーは目を引くタイトルの作成が簡単にできる。また色味の調整はフル機能のビデオソフト、Premiere Proに用いられているテクノロジーと基本的に同じものだ。オーディオ編集には既存のAuditionで用いられたの同じダッキング機能がサポートされており、ユーザーがナレーションを録音するとき他の音量が自動的に絞られる。

編集はすべてのプラットフォームで同期されるので、ビデオブロガーはスマートフォンで録画し編集を始めた後、ノートパソコンで仕上げで公開するなどができる。

製品版のRushの機能は数ヶ月前にAdobeが予告していたとおりだが、今日のカンファレンスでの発表では今後予定されているアップグレードのプレビューも紹介された。近々(Adobeによれ来年)、RushはAndroidでも利用できるようになる。またスピード調整機能がサポートされ、再生速度を増減できる(この機能はYouTubeでやたらに使われることになりうそうだが)。またプラットフォーム別に数種のビデオファイルを簡単に出力できるようになる。また当然、処理速度も改善される。

Premiere Rush はCreative Cloudのフルバージョンの契約者の場合、自動的に利用可能となる。単一アプり版、学生版の契約も用意されており、個人の場合月額9.99ドル、チームの場合月額19.99ドルだ。スターター・プランは無料でアプリの全機能が利用できるが、エクスポートは3プロジェクトまでとなっている。

原文へ

滑川海彦@Facebook Google+