“ながらSNS”をスマホでも、モバイルブラウザ「Smooz」に分割・小画面機能が新登場

次の記事

マイクロソフト共同創業者ポール・アレン、65歳で死去

「動画を観ながらWikipediaで調べ物」、「ゲームをしながらSNS」。僕を含む“ながら族“の皆さんにとってはちょっと嬉しいニュースがあるので紹介したい。

2016年の「TechCrunch Tokyoスタートアップバトル」にも登場したスマホブラウザ「Smooz」に分割・小画面機能が新たに登場した。Smoozを提供するアスツールによれば、モバイルブラウザが分割機能・小画面機能の両方を備えるのはこれが世界初という。

横スワイプのワンアクションでタブを切り替えることができるSmoozは、スマホでもPCのようにタブを複数ひらいて調べ物をしたいという人に最適なブラウザだ。そんな特徴から、ブラウザゲームをプレイしながらSNSに投稿したり、動画を観ながらネットで調べ物をするというユーザーが多いという。

分割・小画面機能はそんなユーザーからの要望がきっかけで誕生した新機能。これがあれば、タブの切り替えなしに複数サイトを同時に閲覧することができる。画面を上下に分割するのが「分割画面モード」。そして、YouTubeのモバイルアプリのように、画面の片隅に小さくWebページを表示するのが「小画面モード」だ。

この新機能は月額380円の有料会員に加入することで利用できるようになる。ただ、1週間に5回までは無料で利用可能だ。有料会員には本機能のほかにも、広告ブロック機能、プレミアムジェスチャー機能(無料で使える標準ジェスチャー5個のほかに、追加的なジェスチャー5個が使用可能)、かざして検索機能などの恩恵がある。2017年9月に追加された広告ブロック機能とかざして検索機能の詳細についてはこちらの記事も参考にしてほしい。

アスツールは、2016年2月に元楽天社員の加藤雄一氏が設立したスタートアップ。2016年9月にSmoozをローンチして以来、同ブラウザのダウンロード数は累計60万件を超えた。課金比率などは非公開だが、加藤氏によれば「前年比で10倍に伸びている」という。SmoozはiOSAndroidの両方で利用可能だ。