ファンド

Beyond Nextが2号ファンド設立、大学・研究機関発シードに加えカーブアウト投資も視野に

次の記事

血まみれの金を受け取るということーサウジ記者殺害事件に寄せて

独立系ベンチャーキャピタルのBeyond Next Venturesは10月22日、同社にとって2つめとなる基幹ファンド、BNV2号ファンド(Beyond Next Ventures2号投資事業有限責任組合)を組成したことを明らかにした。設立日は10月1日。設立時点では、第一生命保険、みずほ証券、三菱UFJ銀行、損害保険ジャパン日本興亜、三井住友銀行の5社が出資に参加する。調達金額は非公開だが、関係者によれば、総額約55億円となった1号ファンドより大きい規模となるという。

Beyond Next Ventures代表取締役社長の伊藤毅氏は、2014年に大手VCのジャフコを退職し、同社を創業。大学/研究機関発の技術系ベンチャーへの投資を行うVCとして、2015年2月に1号ファンド(Beyond Next Ventures1号投資事業有限責任組合)を立ち上げ、2016年にクローズした。

1号ファンドでは、これまでに技術系スタートアップ23社に投資を実施。その投資対象は、ライフサイエンス、ヘルスケア、ロボットなどの先端分野だ。TechCrunch Japanで取り上げたところだと、例えば、キュア・アップサスメドといった医療機器としてのアプリ開発スタートアップや、手術支援ロボットベンチャーのリバーフィールド、ハイテク衣料のXenomaなどがある。

また同社は、2016年8月に複数の大手事業会社とともに、アクセラレーションプログラム「BRAVE」をスタート。実用化・事業家を目指す技術シーズを対象に、知識やノウハウと人的ネットワークを提供する事業化支援にも取り組む。2017年4月には社会人が働きながら事業化を目指す「Innovation Leaders Program(イノベーションリーダーズプログラム)」の提供も開始した。2018年からは、東京都からの委託を受け、創薬系スタートアップの起業や成長を支援するアクセラレーションプログラム「Blockbuster TOKYO(ブロックバスタートーキョー)」も運営している。

Beyond Next Venturesでは、2号ファンドでも引き続き、大学・研究機関の持つ優れた技術シーズを基にした、シードステージのスタートアップを対象に投資・支援活動を行っていくという。さらに企業が持つ有望技術を独立して事業化させる、カーブアウト投資なども実行していく構えだ。

TechCrunch Japanでは、代表の伊藤氏に2号ファンド設立についてコメントを確認中。追って掲載する予定だ。

【10月22日 14:00 追記】

2号ファンド設立について、Beyond Next Ventures代表取締役社長の伊藤毅氏から寄せられたコメントをご紹介する。

「ファンドという業態ではあるが、自身もスタートアップとして、創業4年目にして1号、2号合わせて、累計で100億円を超える資金調達が実現できた。1号ファンドの投資実績と、創業来の活動を投資家の皆様に評価いただいたことを大変うれしく感じている。

同時に、弊社のミッションやアカデミア発スタートアップに対する創業期の事業化支援、資金支援に対する皆様の期待を強く感じている。

今回の2号ファンドから、比較的資金需要の大きい医療、ライフサイエンス領域においても、シード段階からしっかりと支援できるよう、100億円を超えるファンド規模を構想してきた。

今後は産学連携という枠組みを超えて、弊社のアクセラレーション機能をベースに、医療、ライフサイエンス領域への注力と、大企業発のカーブアウトスタートアップへの事業化支援、投資も手掛け、既存のベンチャーキャピタルの機能を超えるような組織を目指していきたいと考えている。」