davos
hack

サウジアラビアの‘砂漠のダボス’のWebサイトがハックされ皇太子を非難する合成画像で汚損された

次の記事

使い慣れたプログラミング言語を使ってクラウドのインフラストラクチャを管理できるPulumiが商用バージョンを開始

サウジ政府が近く開催するFuture Investment InitiativeカンファレンスのWebサイトがハックされ、殺されたサウジのジャーナリストJamal Khashoggiの画像が‘落書き’された。

汚損後のサイトのスクリーンショットがいくつもツイートされ、そこには王国の実質的な支配者であるMohammed bin Salman皇太子が剣を振りかざしている合成写真が載っている。サイトのテキスト部分は、王国の“野蛮で非人間的な行為”に対する非難に置き換えられている。それはKhashoggiの死だけではなく、イエメンで今行われている攻撃への、政府の関与にも言及している。

サイトのホームページには、何人かのサウジの個人の名前と電話番号も載っている。それらは、政府の職員や政府系企業の役員たちだ。

サイトは、汚損されたあと、月曜日(米国時間10/22)にオフラインになった。

汚損の犯人は、名乗りを上げていない。それが現れたのは、サウジの政権が、Khashoggiがイスタンブールの同国領事館で“殺された”ことを認めてから数日後で、そのときはすでに、そのThe Washington Postのコラムニストが婚姻届の用紙を得るために入館してから2週間以上経っていた。サウジの政府職員たちは、彼は“殴り合い”の後で死んだと主張したが、西側諸国はそれをナンセンスと非難した。トルコ政府がリークしたと思われる録音は、ジャーナリストが殴られ、殺され、そして切断されたと主張している。

イギリスとフランスとドイツは、声明で、彼のまだ行方不明の遺体に関する明確な説明を求めている。トルコは火曜日(米国時間10/23)に、この殺人に関する詳細を発表すると予想されている。

Future Investment Initiativeは“Davos in the Desert”(砂漠のダボス)とも呼ばれ、スイスで行われる投資カンファレンスに擬している。開催は、今週後半の予定だ。サウジアラビアはアメリカのテクノロジー企業に数十億ドルを投資しているが、しかしこのカンファレンスは、ジャーナリストの殺人のあと、数十名もの著名な投資家やテクノロジー企業、そしてビジネスリーダーたちが不参加を表明している。

・関連記事: カショーギ事件はシリコンバレーの一つの時代の終焉か–SoftBank新ファンドの行方も不透明

Silicon Valley hoped the Khashoggi story would go away; instead, it may end an era

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa