Amazon Alexaが今度はアメリカの多くのユーザーのところでトラブル

次の記事

11月21日に開催決定!最も輝くCTOを選出する「CTO of the year 2018」

Amazon Alexaの一部のユーザーが現在(日本時間10/24昼ごろ)、この音声アシスタントの利用でトラブっている。コマンドを言っても、“sorry, something went wrong”(すみません、何か具合が悪いです)と答えるだけだ。Amazonはこの問題について、まだ何も言っていない。

いくつかのツイートとDown Detectorによると、Alexaがおかしくなったのは太平洋夏時間午前7時ごろからだ。問題がすぐに直った人もいるが、まだ待機している人の方が多い。

先月はイギリス、スペイン、ドイツ、そしてオーストラリアの一部でやはりAlexaがダウンしてEchoが使えなくなった。しかしDown Detectorが作った事故マップ(下図)によると、今回Alexaがおかしいのはほとんどアメリカのユーザーだ。

Alexaは3月にも、Amazon Web Servicesのネットワーキングの問題でダウンした

本誌TechCrunchは今、Amazonにコメントを求めている。

[原文へ]
(翻訳:iwatani(a.k.a. hiwa