ポケモンGOに新機能、ゲーム起動なしでタマゴを孵化できる「いつでも冒険モード」追加

次の記事

グロービス経営大学院が在校生や卒業生起業家に投資するG-Growthを開始、1号案件はクラウドRPAのBizteX

Niaticは10月26日、スマホゲーム「Pokémon GO」に新機能「いつでも冒険モード」を追加すると発表した。Nianticは追加時期について「間もなく」としている。この機能は、ゲームを起動していなくても歩行距離の記録と計測が行えるというもの。これまでポケモンの進化や強化に必要なアメを手に入れたり、ポケモンのタマゴを孵化させるためにはプレイヤーがゲームを起動しながら現実世界で歩く必要があったが、このモードを有効にすることで、スマホをポケットに入れたまま歩くだけでよくなる。

さらに、この新機能では週ごとの歩行距離の統計を取ることができ、その週に何キロ歩いたかや、タマゴの孵化やポケモンのアメ獲得の進捗などの重要な記録を「トレーナープロフィール」から確認することが可能。毎週設定される目標を達成すると、“ご褒美”を貰うこともできる。健康管理のためにウォーキングをするという読者にとっては嬉しい機能だろう。

いつでも冒険モードはゲーム内でいつでも設定可能で、iOS端末では「Apple Health」、Android端末では「Google Fit」と連動する。

Niantic CEOのジョン・ハンケ氏は同社ブログのなかで、「(いつでも冒険モードは)アプリを開いていなくても記録ができるために、スマートフォンの電池にも優しく、トレーナーのみなさんの毎日をいつでも冒険に変えることができます。将来的には、Nianticの他のサービスにおいても同様の機能を導入したいと考えています」と語った。