macintosh

AppleのiPadイベントに期待できること

次の記事

WWWの生みの親が挑戦する社会技術デザイン改革

わくわく?がっかり?iPad?少なくとも最後の1つは間違いない。招待状が発送され、うわさの波が怒涛のように押し寄せている。米国時間10月30日火曜日に、Appleはハードウェアシーズンを1つの最終イベントで締めくくる。今回は、9月の大規模なiPhoneイベントでは触れられなかった多くのポイントが取り上げられることになるだろう。

これまでと同じように、同社はニュースを厳重に封じ込めようとしているが、私たちは多くの手がかりを入手している。まず第一に、この「特別イベント」が、ブルックリン音楽院のハワード・ギルマン・オペラハウスで開催されるということが挙げられる。それはクールな空間だ。私はJeff Mangumがそこで開催したたくさんのショーを観たことがある。まあ騒ぐほどのことではないが。

また同社は数十(ひょっとすると数百?)におよぶ、カスタマイズされたイベントデザインを作り出し、そのカスタマイズされた招待状を、リストに載るそれぞれの人間に送り出している。すごいぞApple!君たちは本当にテックブロガーを特別な気持ちにする手段を知っているね。しかし、それを貫くテーマとして謳われているのは”There’s More in the Making.”(創造にはより多くのものがある)という言葉だ。それが意味することは、同社が今一度、その視線をクリエイティブなプロたちに向けるということだ。

それは、これまで私たちが耳にしている、iPad Proとたくさんの新しいMacBookの発表が行われるといううわさに確かに合致している。さて、簡単なものから検討してみよう。

新しいiPad Proが登場することはほぼ確実だ。このデバイスは、いくつかの重要な設計変更を始めとして、かなり徹底した改造が行われることが期待されている。その中でも最大のニュースは、最新のiPhoneからのヒントを取り入れて、すべての辺のベゼルを大幅に狭くしてしまうということだ(もっとも手を置くための場所は残される)。

これは、一部にはホームボタンのを取り除いたおかげだ、うわさではデバイスをアンロックするのにFace IDが使われるようになるという。内部的には、iPhone XSでデビューした新しいA12チップが使われる予定だ。おそらくはApple Pencilも更新されるかも?

今年初めに開催されたシカゴでの教育イベントでエントリーレベルのiPadが一新されたが、Appleに関する人間水晶玉(預言者)と呼ばれるMing-Chi KuoによるiPad mini 5のうわさも流されている。

Kuoはまた、長らく待ち望まれていたAirPowerの登場も予測している。iPhone/Apple Watch/AirPodを3つ同時に充電できるこのAppleのパッドは、昨年のWWDCで発表されて以来行方不明になったままだ。これが遂に今年の末に(あるいは来年の初めに)新しいAirPodと共に出荷されると言われている。とりわけ、人気のBluetoothイヤフォンのアップデートは、ワイヤレス充電と外部にカラーインジケータを備えた新しいケースを、当然利用するものになるだろう。

そして、Macに関する話題もある。噂によれば、30日には最大4種類のコンピューターがステージに登場するという。ここではまず、Mac miniとiMacが先頭を切る。そしてこれもまた長く待ち望まれていたMacBook Airの刷新が噂されている。Retinaディスプレイを搭載し、標準MacBookよりも安い価格で販売される予定だ。

またついでに、Mac Proのアップデートに関してはどうだろう?最後にその話題を耳にしたときには、それは来年登場するという話だった。だとしたら、それをこのクリエイティブプロに焦点を当てたイベントの、”One more thing”(「最後にもう一つ」。Appleのイベントではよく最後に行われるサプライズ)にする可能性は高い。イベントは東部時間10月30日火曜日、午前10時(日本時間2018年10月30日午後11時)に始まる。

[原文へ]
(翻訳:sako)