新型iPad Proは薄いベゼルとFace ID採用で本体サイズ維持でも画面大きく、8万9800円から

次の記事

新型MacBook Air発表、RetinaディスプレイとTouch ID搭載で価格は税別13万4800円から

日本時間10月30日に開催中のAppleイベント「There’s more in the making.」。ファンにとっては待望の新型MacBook Airが発表されたことは既報の通りだ。Appleはそこで新型iPad Proも発表した。

新型iPad Proには11インチと12.9インチの2種類のモデルが用意されている。Face ID(顔認証)に対応した代わりにホームボタンは廃止され、ベゼルが大幅に薄くなった。そうすることで、本体サイズ自体は前世代の10.5インチとほぼ変わらないのにも関わらず、画面サイズを0.5インチ大きくすることに成功した。前世代の12.9インチと新型12.9インチを比べると、本体サイズは大幅に小さくなっていることが分かる(体積ベースで25%の減少)。両モデルとも、薄さはわずか5.9ミリで過去最薄を実現した。

端子はこれまで採用されていたライトニング端子を廃止し、MacBookにも使われているUSB-C端子が採用された。この端子を使って本体端末を充電したり、5Kモニターに映像出力することができる。USB 3.1 Gen2のデータ転送にも対応。iPad上の手書きで使用するApple Pencilもより使いやすくなり、本体にマグネットで装着すると充電とペアリングが可能になった。

スペックも大幅に改善した。新型iPad Proにはオクタコアの「A12X Bionic」を搭載。Appleは新型について、処理速度は過去1年間で出荷されたラップトップPCよりも92%速く、グラフィック性能も前世代の2倍と表現した。ストレージ容量は最大1TBまで搭載可能だ。

新型iPad Proの価格は、11インチで税別8万9800円、12.9インチで11万1800円と発表された。米国での販売は11月7日からとなっている。