新型MacBook Air発表、RetinaディスプレイとTouch ID搭載で価格は税別13万4800円から

次の記事

ソニー、PS好調で7〜9月は営業利益21億ドル

日本時間10月30日に開催中のAppleイベント「There’s more in the making.」で新型MacBook Airを発表された。新型MacBook Airは、2008年の初代MacBook Air発売から数えて2回目の大幅なデザイン刷新。RetinaディスプレイとTouch IDを搭載した新しいMacBook Airの価格は税別13万4800円(1199米ドル)からと発表された。

旧型のMacBook Airはベゼル部分がアルミだったが、新型ではMacBook Proのような黒ベゼル、1枚ガラスのディスプレイに変更。ディスプレイのサイズは13.3インチだ。

新型のトラックパッドは旧型よりも20%大きくなった。軽いタップと深く押す操作の違いを判別するフォースタッチにも対応している。タッチバーは採用せず、物理的なファンクションキーが採用されている。Touch IDは今回バージョンで初採用となる。キーボードも“第3世代”となりシザー式のキーボードからバダフライ式のキーボードに変更。最新のMacBook Proで採用されているキーボードと同じタイプのものだ。

僕は何かと便利だと感じるUSB-AとSDカードリーダーは廃止され、新型にはThunderbolt 3端子が2つ搭載されることになった。CPUは8世代インテルCore i5プロセッサ。最大ストレージ容量は1.5TB(SSD)、最大16GBのRAMが搭載可能。バッテリーはWi-Fiをつないだ状態のWeb閲覧で最大12時間持続する。本体は旧型よりも10%薄くなり一番厚いところで約1.54センチ、重さは約1.24キログラムと軽量だ。

予約は本日から受け付け、販売は11月7日から開始となる。価格はCore i5プロセッサ、8GBのRAM、128GBストレージの構成で13万4800円からと発表されている。